花信風 季節からのたより

季節と花を追いかけて。花の名前や由来、伝説・・・・を集めています。 過去記事は、加筆などして日付を移動させたりしています。

撮った写真を月別に掲載しています

すすき(芒・薄)
別名 カヤ、尾花、乱れ草、振袖草


e898e218.jpg


学名:Miscanthus sinensis                  秋の七草   
イネ科 多年草  花期:8~9月  原産:アジア東部


         PA306505
          2017.10.30 日差しにキラキラ光っています。


花言葉  勢力
誕生花  
由来    すくすく育つ木等の説。
       尾花 ススキの花穂が獣の尾に似ているところかついた名。
       振袖草 風に揺れるススキは、振袖の乙女が招いているよう?


         BlogPaint



すすきの葉は幅広く長大。縁は硬くざらついている。
日当たりの良い山野、丘陵、鉄道沿線など。

長い茎を(カヤともいう)刈り取って屋根をふいたり、ぞうり、すだれ、ほうき。
家畜の敷き草、飼料、燃料、花材、綿の代用など。人の生活に役に立ってきた。
野原や山の日当たりのよいところに群落を作り、穂波が銀色に輝いて美しい。
春は里から、秋は山からやってくる。
風になびく様子は頭をなでられているようです。
ススキの穂を見ると、秋の来たことを実感します
お月見にはススキを月神への依代として一本立てるのが正式。
この穂で作ったミミズクは東京雑司ヶ谷の鬼子母神のお土産として有名。
上代(奈良以前)は、ススキやアシなどを束ねて サヤサヤと鳴らして楽器のように使った。

         BlogPaint
          2017.10.30 強風に翻る

万葉集には17首。古名:須々伎、尾花。
 
人皆は萩を秋という吾は 尾花が末し秋とは言わむ
  読み人知らず 第10巻2110

道の辺の尾花がしたの思い草 今さらに なぞ物か念はむ
            巻10 2270

はだすすき尾花逆葺き黒木もち 造れる室(むろ)は万代(よろづよ)までに
     太上天皇 巻8 1637  

初尾花花に見むとし天の川隔(へな)りけらし年の緒長く
            巻20 4308
(初尾花=新妻・許嫁)花を見たいのに 天の川が隔てているらしい、長い間

・秋の野おしなべたるおかしさは薄にこそあれ 枕草子


季語    秋
          幽霊の正体みたり枯れ尾花
          山は暮れて 野は黄昏の薄かな    蕪村
          折りとりてはらりとおもきすすきかな  飯田蛇笏
          枯れ枯れて光を放つ尾花かな      几 董

【伝説】
 光と影、善と悪、神と悪魔、天の神に反逆するものとして地上に送られた天の探女(さぐめ)は邪心をもつ女神で、俗にアマンジャクとも呼ばれる。探女は瓜子姫の幸運をうらやんで取って代わろうとし、もうすこしのところで露顕した。その後、人々は探女を大和の国宇陀(うだ)の野末に引きずっていき、手足をばらばらに引き裂いて捨てた。探女は塵になって飛び散り、世の中は静かになったが、このとき流れた血で一面に茂ったススキの根元は今でも色あせることがない。 (日本)

高野山 「刈萱童」の伝説。
 出家した茅葺道心を石堂丸は母と訪ねるが、女人禁制のため一人で登る。出会った僧と父子の名乗りが出来ぬまま、共に茅葺童で仏教修行に明け暮れた。


山手線の電窓からみえたススキの群生は東京に秋を知らせる風景でした
今はお洒落な街になりました。 また、ある日、JR山手線のある駅の改札近くで、ススキが大きなバケツに入れられていまいた。『自由にお持ちください』と張り紙がされていたので喜んでもらってかえりました。
 その駅はホームが増設され、ススキの生える場所はなくなりました。

シマススキ タカノハススキ イトススキ ハチジョウススキ

似ている: おぎ(荻)
ススキに寄生する花 ナンバンキセル

□■□■□■□■□□■□■□■□■□
スライドショー

✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿ 

 

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

ありがとうございます

                       


BlogPaint

にしきぎ(錦木)

別名 やはずにしきぎ(矢筈錦木)
英名 ウインジト・スピンドル・ツリー



BlogPaint
2017.10.30
緑色から紅色へ 移り変わる
紅い唇みたいです 


学名Euonymus alatus エウオニムス アラツス
ニシキギ科 落葉低木 花:6月 実:10~12月

花言葉
  あなたの魅力を心に刻む
誕生花  
由来    紅葉の美しさを錦にたとえた。
       学名のエウオニムスはギリシャ語の「良い評判アラツスは「翼のある」の意。
       別名の矢筈(矢の弦を受けるところ)は、板状の翼からと思われる。
       英名も翼に着目している。

枝にはコルク室の板状の翼がある。
花は経6~8mmほどで黄緑色。4枚の花びらが広がり十字に見える。
秋には実が熟して裂け赤い実い種が吊り下がる。
一個の花から双子の種ができることもある。
鳥が好む。

変異種には、葉に毛が生えたもの、翼を失ったコマユミ。葉が小さくなったコバノマユミなど。

季語    夏:錦木の花  秋:錦木、錦木紅葉

          袖ふれて錦木紅葉こぼれけり 富安風生


□■□■□■□■□□■□■□■□■□

スライドショー


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

PA306501

 

きぶし(木五倍子)

キブシ科

早春に 黄色い小花を房状に咲かせます。

秋は真っ赤に紅葉します。


PA306500

10月30日





□■□■□■□■□□■□■□■□■□



✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

このページのトップヘ