花信風 季節からのたより

季節と花を追いかけて。花の名前や由来、伝説・・・・を集めています。 過去記事は、加筆などして日付を移動させたりしています。

撮った写真を月別に掲載しています

枯れ紫陽花


枯れ紫陽花2014

剪定されていない紫陽花

枯れ紫陽花

琥珀色の紫陽花

枯れ紫陽花

これって この先どうなるの?

追跡します。^^


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿ 

 

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

ありがとうございます

                       

八重野梅(やえやばい)

名前の通り野梅系ー野梅性の梅で

原種に近い

小枝の先に花を付けています。

八重野梅2014.


2014年

八重野梅2013


2013年 2月末  ↕

八重野梅02

梅もそれぞれ個性がありますね



梅農家 月向農園ホームページ

✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿ 

 

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

ありがとうございます

                       

節分  logo02
 


RIMG1579
RIMG1579 posted by (C)花信風


 節分=2月3日と思っていましたが

節(季節)の分かれ目のことで、立春、立夏、立秋、立冬の前日を指すそうです。

旧暦では立春を新年の初めと考えていたそうです。
立春前の節分は 大晦日とも共通する特別な日だったのです。

豆まきの鬼とは、病気や災害のことを指しています。風邪で亡くなる人もいたのですから、
豆でもイワシでも柊でも 信じたくなりますよね。

この豆まき、庶民に広がったのは江戸時代だそうです。
由来は、宮中の「追儺(ついな)」という行事で、これは新年を迎えるにあたり邪気を払うために行われた古代中国の宮廷儀式で、日本には奈良時代に伝わった。
 豆をまく風習はなく、桃の木で作った弓、葦の矢で邪気を払っていたそうです。
豆をまきはじめたのは室町時代の頃ではないかといわれています。

24
鬼とは?病災害。人の目に見えない怖いもの「隠」という字が当てられていました。

「おに」は陰陽五行説では、北東(丑寅)の方角「鬼門」にいるとされ、牛の角と虎の牙を持ち 人を襲う恐ろしい怪物と考えられました。

炒った大豆で鬼の目を打つことから「魔目」ともいわれていたそうですよ。

見ない恐ろしい物を退治するのに、おに野顔ができて、豆を投げるようになったのですね。
鬼はイワシの匂いが嫌い といういわれが生まれ、節分の夜に鰯がよく食べられるようになりました。
この時期の鰯は脂がのって美味しいというのも 理由だと思います。

CIMG8884
ヒイラギ

「やいかがし」は魔除けのおまじない
焼いた鰯の頭をヒイラギの枝に刺して、門口や軒下に吊るす風習です。
ヒイラギで鬼の目を刺し、。焼いた鰯の臭いで鬼を追い払う、魔除けのおまじない。
吸血鬼はニンニクが苦手でしたよね~。
「やいかがし」は「焼き嗅がし」の意。

「鰯の頭も信心から」ことわざ
 どんなつまらないものでも信じ位の仕方次第で、ありがたいものになる。
 いろはがるた 京都の「ゐ」


鰯の塩焼き

鰯の塩焼き



CUT_163恵方巻き
関西には節分の日に、恵方(毎年変わります。)を向いて、黙って太巻き寿司を丸かじりすると、 一年無病息災で過ごせるという言い伝えがあります。これを恵方巻きと呼んでいます。
具は七福神にちなんで7種類とされています。

 


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿ 

 

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

ありがとうございます

このページのトップヘ