花信風 季節からのたより

季節と花を追いかけて。花の名前や由来、伝説・・・・を集めています。 過去記事は、加筆などして日付を移動させたりしています。

2015年01月

RIMG1232

だいこん(大根) 
春の七草

別名:おおね すずしろ(蘿蔔)



学名:Raphanus sativus
アブラナ科    草丈:10~40cm  花期:4~5月  原産:地中海沿岸・中近東

由来 古名の「おおね」大きい根をもったものという意味。漢音でダイコンとよむようになった。
   スズシロのスズは涼しいの意で、清き白い根説。
   菘代、スズナに代わるもの説。(大言海)
   蘿蔔は漢名。


葉の間から薹がたち茎が分枝して、紫がかった十字形の4弁の花が咲く。
1cmくらいの小さな花。

弥生時代に渡来したといわれている。

 春の七草  スズシロは大根のこと。若い葉を七草粥にする。
ジアスターゼ酵素の働きで米食の消化剤となる。

 古くはオオネと呼ばれて、「大根」をダイコンを音読みするようになったそうです。
タクアンはダイコンを漬けたものですが、臨済宗の僧・沢庵和尚が始めて作ったのでこの名がついたといわれています。品川・東海寺

ピラミッドの碑文には、労働者に二十日大根を食べたという記録があるそうです。

練馬大根は、5代将軍綱吉が尾張から宮重大根を取り寄せ、江戸練馬村の旧家大木金兵衛に命じて栽培させたことにはじまる。一説には練馬の百姓又六が作り始めたとも伝えられている。
 又六の子孫で鹿島安太朗は練馬大根の品種改良に努め、三浦大根など土地に適した新種を作り出しました。

品種は100種以上 桜島大根は径30cm、重さ37kg。二十日大根は重さ10g。
守口大根は長さ2m。

つぎねふ山代の女の木鍬持ち 打ちし大根 根白の白腕枕かずけばこそ 知らぬともいはめ
       古事記 歌謡番号61  大根のように白くてふくよかな腕を愛でています。

季語:【冬】大根、大根引き、風呂吹 大根汁 煮大根
    【春】春大根、大根の花、 【夏】夏大根 【秋】大根蒔く、貝割菜(かいわりな)

 大根引き大根で道を教えけり   小林一茶
 花大根黒猫鈴をもてあそぶ    川端茅舎
 大根の花が呼び込む夕明かり  中西舗土

大根のように白いあなたの腕を枕に・・・褒め言葉 
大根役者 根が白いことを素人にかけている。いくら食べても腹に当たらぬことを、当たらない役者をさしていう。


似ている花 ムラサキハナナ(紫花菜)(ショカツサイ(諸葛菜))

daikon-01daikon-02daikon-03

生協で届いたダイコンの葉の中心に、菜の花のような、つぼみがついていました。
花になるのか、葉になるのか・・・
葉の付け根から切り、ジャムのビンに少し水を入れて育ててみました。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□



✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

かぶ(蕪) 春の七草

別名:カブラ、カブラナ、スズナ(菘)

すずな
すずな posted by (C)花信風

学名:Brassica rapa
アブラナ科    花期: 春  原産:地中海沿岸、アフガニスタン

花言葉  
誕生花  
名の由来 根の形が頭(かぶり)のようだから説。下部から説。
       別名のスズナは鈴のように丸い根の菜説。
       錫製の丸い瓶子(酒器)から説。

 
根のように見える部分は胚軸、根はその下のひげのような部分。
3月頃、 白い十字の花を咲かせ、ナノハナのような種をつける。
春の七草のスズナはカブのこと。

 
日本には縄文晩期に入ったといわれる。
持統天皇は飢饉対策として角地に蕪を栽培を勅命で奨励している。
平安時代には普及していた。
日本書紀に出てくる「蔓菁(あおな)」は蕪のこと。

・カブは葉だけでなく、丸く太った根部(胚軸)を食べる。
 聖護院蕪は重さ4kgにもなる品種。  (千枚漬は有名)
・野沢菜も蕪の仲間。野沢温泉健命寺の修行僧が京から天王寺蕪の種を持ち帰ったが、風土のなかで根部が縮小し、葉を漬物として食べるようになった。
・与謝蕪村は天王寺に居住いていた。天王寺蕪から「蕪村」という俳号にしたという

 
・蕪は生育が早く、9月に蒔くと11月には収穫できる。江戸時代の農書には「凶作の兆しのある年は蕪を多く植えよ」とあるという。

 
・中国三国志時代の軍師『諸葛孔明』は戦陣を進めると蕪の種を蒔き、葉も茎も根も食べたという

 
【食】たんぱく質、ビタミン、カルシウム、ブドウ糖などを含む。
・滋賀の近江カブは蕪蒸し、スープ煮などに適しているという。
・飛騨の赤カブの漬物。
 「赤カブ検事シリ-ズ」赤カブの大好きな検事を主人公とする和久俊三の小説

kabu-02 
蕪の花のあと 菜の花に似た細長い実を付けていました。



*・゜゚・*:.。..。.:*・゜伝説・物語*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
 いまはむかし、京から東に下る男がありました。
にわかにあやしい心持ちになり、我慢ができません。
男は畑のカブの大きいのを引っこ抜き、穴を開けて その中に精を注ぎこむと垣根の中に放り投げ、すっきりした顔で立ち去ったのでございます。
 その家の娘が「あら大きなカブ、穴が開いてておかしいわ」といいながらも食べてしまいました。すると男を知ないのにみごもり、可愛い男の子を産んだのでございます。
 東からの帰途、男が垣根の前を通り「ここでカブにいたずらしたっけ」と独り言を申しますと、賭け出てきた母に家に引っ張りこまれ、自分にそっくりの子どもを見せられたのでございます。男はぐうの音もでず、そのまま婿入りしましたとさ。(今昔物語)

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

posted by (C)花信風

✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

寒いのに こんなに可愛いらしい花が咲いていました

BlogPaint


プリムラ


学名Primula プリムラ
サクラソウ科サクラソウ属 草丈:10~30㎝ 花期:12~4月 原産:交配種
花言葉
  美の秘密
誕生花  
由来    早春にバラ色の花を咲かせる様を、プリマドンナに見立てた。
       

よく見かける
「プリムラ・マラコイデス(P.malacoides)」別名:西洋さくらそう
「プリムラ・ポリアンサ (P. polyantha)」
「プリムラ・ジュリアン(P. × juliana)」、は昭和47年に日本で出来た交配種。

赤、白、ピンク、紫、黄色などのポップな色彩の花を咲かせる
葉に触れるとかぶれることがあります。

季語    


【伝説】 

プリムラは美の女神フローラの子パラリソス化身。
□■□■□■□■□□■□■□■□■□

posted by (C)花信風

✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます



ロウバイ(蝋梅)
別名:唐梅(からうめ)・南京梅(なんきんうめ)


BlogPaint


ロウバイ科   落葉低木 樹高:2~5m  花期:1~3月 実期:春 原産:中国
    
花言葉  先導・先見・慈愛
誕生花   
由来    蝋(ろう)細工ように艶があるから、蝋月(陰暦の12月)に咲くから蝋梅といわれた。


葉に先駆けて花が咲く。
半透明の黄色の花が数個ずつ下向きに咲いている。
花弁がロウのように美しい光沢をもち日差しを浴びて光る。
とてもよい香りに気づかされることも多い。

17世紀頃に渡来。
「梅」の字を当てるが梅の種類ではない。

「蝋梅」は内側が赤い。

roubai-3 満月蝋梅 roubai蝋梅



*「素心蝋梅(そしんろうばい)」 花の外側だけでなく内側も黄色い。

BlogPaint

 しらじらと障子を透かす冬の日や室に人なく蝋梅の花
   窪田空穂(くぼたうつぼ)

季語    冬

  蝋梅のかおりやひとの 家につかれ  橋本多佳子
  


□■□■□■□■□□■□■□■□■□

素心蝋梅



✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ 

                            

じゃのめエリカ(蛇の目エリカ)
別名 くろしべえりか 英名ヒース(heath) ドイツ名ハイデ

BlogPaint


学名Erica canaliculata
 ツツジ科 常緑低木 高さ:20~200cm 花期:12~4月 原産:南アフリカ・ケープ地方

花言葉  優美、希望
誕生花  
由来    Erica はギリシャ語の「軟毛」。 melanthera は「黒い色の葯がある」という意。
       花の中心の黒い部分(葯)が蛇の目模様に見えることから。
       別名は雄しべが黒く目立つところから。

葉は針状で、輪状に生える(輪生)。
花色は桃〜薄紫色。釣鐘型。雄しべが目立つ。

1920年ごろに渡来。

ヒースといえばエミリー・ブロンテの『嵐が丘』。ヨークシャーの館の周りに咲いていた花ですが、イギリス原産のヒースは膝位の高さだそうです。

季語    

□■□■□■□■□□■□■□■□■□
スライドショー


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

BlogPaint


ベゴニア
別名 シキザキ(四季咲き)ベゴニア

学名
シュウカイドウ科 原産:御大~亜熱帯

花言葉
  
誕生花  用心、真心
由来    

多くの品種改良種があり、木立性、根茎性、球根性の3つに分かれる。
一般的なのはベゴニア・センパフローレンス


季語    



□■□■□■□■□□■□■□■□■□

スライドショー


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

カンガルーポー(カンガルーの前足)
別名 アニゴザントス

kangarupo
切花


学名Anigozanthos
ハエモドルム科 多年草 草丈:30~100cm 花期:1~6月 原産:オーストラリア 南西部
 

花言葉  明朗
誕生花  
由来    細毛に覆われた花の形から、英語でカンガルーの前足の意。
       学名はギリシャ語の「開いた花」の意。花の姿から。

根元から生える葉は剣状。
硬い葉の中から花茎を伸ばして、筒状の花をつけます。
花筒の上部が裂けて、先端が6裂して開く。
輸入切花として普及。
植物園の温室。

季語    



□■□■□■□■□□■□■□■□■□

✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


BlogPaint
11月 新宿御苑 温室

さとうきび(砂糖黍)
別名 カンシャ カンショ(甘蔗)

学名Saccharum officinarum Linn
イネ科 高さ:3m  原産:ニュージーランド 

花言葉
  
誕生花  
由来    

茎は竹のように節がある。茎に中は空洞ではなく、糖分を含んだ髄になっている。
葉はトウモロコシのように幅広い線形です。
秋には茎の先端からススキのような穂を出す。
元来多年草だが、一年で収穫する。

江戸時代初めに渡来。

甜菜と並んで砂糖の原材料。
ラム酒の原材料。

季語    



□■□■□■□■□□■□■□■□■□

BlogPaint

✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

BlogPaint


 

オクナ・セラルータ
別名 ミッキーマウスノキ
英名 Mickey-Mouse plant 

学名Ochna serrulata
オクナ科 高さ:80~200cm 花期:3~9月 原産地:南アフリカ

花言葉
  
誕生花  
由来    ミッキーマウスの木は英名Mickey-Mouse plantによる。
       学名Ochnaはギリシャ語で野生のナシOchnaから。serrulata は「細かい鋸歯のある」の意

葉は楕円形。互生。 葉の先は尖り、縁には細かいぎざぎざ(鋸歯)がある。
花は黄色い5弁花。経約3cm。
実は、熟すと萼は反り返って赤くなり、実は黒くなる。 ミッキーマウスを連想させる。

季語   - 



□■□■□■□■□□■□■□■□■□

posted by (C)花信風

✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


BlogPaint

はなきりん(花麒麟)
英名 Kiss me quick(キスミークイック)

学名Euphorbia milii var. splendens
トウダイグサ科 多年草 花期:4~11月 原産:マダガスカル

花言葉
  
誕生花  
由来    和名はサボテンの木麒麟(モクキリン)に形が似ていて花が咲くところから。
       英名は花の形を唇に見立てています。
       学名 Euphorbia はローマ時代の医師「エウフォルブスEuphorbus」の名にちなんでいます。
        milii は園芸家ミルにちなみ、 splendens は「光輝ある」という意。

葉は倒卵形で先が尖り、茎先にまとまる。 古い茎は棘だけになる。
葉や茎を傷つけると出る白い液には有毒成分が含まれている。
花のように見えるのは苞で、本当の花は真ん中にある。
花の色は白、黄、橙、ピンク、赤。

大正時代に渡来。

季語    -



□■□■□■□■□□■□■□■□■□

posted by (C)花信風

✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

このページのトップヘ