花信風 季節からのたより

季節と花を追いかけて。花の名前や由来、伝説・・・・を集めています。 過去記事は、加筆などして日付を移動させたりしています。

2015年10月

うめもどき(梅擬)


BlogPaint


学名Ilex serrata
モチノキ科 落葉低木 花期:5~7月 実期:9~12月 

花言葉
  明朗
誕生花  
由来    葉が梅に似ていることから。

葉は互生。楕円形で、先端が尖り縁は細かい鋸歯がある。
淡紫色の5弁の小花を咲かせる。目立たたに
果実は球形で赤く熟し、枝にびっしりとつき目立つ。小鳥が好む。
雌雄異株
栽培種の「大納言」は雌株だけでもよく実をつける。白実の梅擬も栽培されている。

季語    秋
          遠まきにひよの来ているうめもどき  八木壮一



□■□■□■□■□□■□■□■□■□

スライドショー


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

かしわ(柏)
 
英名 Japanese emperor oak 

BlogPaint
 

学名Quercus dentata
ブナ科 落葉樹  花期:5月  高さ:10~15m

花言葉
  
誕生花  
由来    


葉は大きく互生、縁は波状。
柏餅を包むこことで知られる。
花は枝の株に穂を垂らす。樹皮は縦にふぞろいな割れ目がある。
どんぐりはクヌギに似て丸い。
秋に枯れた後そのまま枝に残り、春になって新芽が出てくると枝を離れる。
実はおわん状の殻に大形のどんぐりが出来る。

樹皮、葉を黒の染料にした。


1280px-Kashiwa-mochi_001 画像:ウィキペディア

古代では柏の葉にご馳走を盛って神に捧げていた。これに由来して柏が「神聖な木」と見られるようになった。
柏手を打つとは神意を呼び覚ますことをいう。

鶏肉のことを「カシワ」と呼ぶ地方もありますが、柏の色づいた葉の色に似ているからだそうです。似ていますかね。


家紋に使われる

svg←丸に三つ柏紋

【万葉集】
印南野の赤ら柏は時あれど 君を我が思ふ時はさねなし
安宿 王 (あすかべのおおきみ) 巻20 4301


柏木の高きこぬれに散りのこる葉は響き飛ぶ木枯らしの風に
今井邦子

季語    夏:柏餅


□■□■□■□■□□■□■□■□■□

posted by (C)花信風

✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

BlogPaint


ほととぎす(杜鵑草)
別名 油点草(ゆてんそう)、

学名
ユリ科 ホトトギス属 多年草 高さ30~60cm  花期:9~10月

花言葉
  秘められた恋 永遠にあなたのもの
誕生花  
由来    この模様が鳥のホトトギスの胸毛に似ているから説。
       鳥のホトトギスの鳴き声「トッキョキョカキョク」から名づけた説。
       別名は若い葉に暗い緑色の丸い斑点があるところから。


葉は先のとがった楕円形で茎を抱く。
花は葉のわきから上向きに開く。
花弁は6枚。花弁の内側には小さい紫色斑がある。
低地、山地の半日陰を好む

日本には10種。白、黄、ピンク、紫

季語    
          はなびらに血の斑ちらしてほととぎす  沢木欣一
          掌に乗る 反橋や 油点草        富安風生
          時鳥草 風曲りくる切通し         正木千冬


□■□■□■□■□□■□■□■□■□

posted by (C)花信風

✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます



BlogPaint

かりん
別名 安蘭樹(アンランジュ)、カラナシ、

学名Pseudocydonia sinensis
バラ科 落葉香木 花期」4~5月 実期:10~11 原産:中国

花言葉
    優雅 芳醇
誕生花  
由来    


花は薄紅色。径3cm。5片。
実は秋に黄色熟す。良い香りがする。約10cmの楕円形。
木が成長すると樹皮がウロコ状に剥がれる。

実はカリン酒、砂糖漬けにする。

マルメロと混同されることがありますが、別種です。

【薬用】 生薬名:和木瓜(わもっか)。喉の炎症を抑える

マメ科の花梨とは 別物

季語    秋:カリンの実



□■□■□■□■□□■□■□■□■□

posted by (C)花信風
クリックすると大きな画像で見ることができます

✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

PA161255

 

へんてこりんな植物

個性的な花を図鑑とは違った角度から紹介しています。

もくじ

ビックリ!な植物たち
超○○!な植物たち
かわいい!植物たち
怖い!植物たち
ふしぎ!な植物たち
美しい!植物たち
「へんてこりんな植物」に会えるかも?
全国植物園MAP

熱帯植物が多いですが

私が見たこともある植物もありますよ



「ミッキーマウスツリー」とも呼ばれるオクナ・セルラタ

ナンバンギセル

「タイツリソウ」とも呼ばれる ケマンソウ

金平糖みたいな カルミア

時計そっくり トケイソウ

コウモリを誘う花 ヒスイカズラ

ハンカチのなる ハンカチノキ

ストライプ柄の竹  スホウチク

ぶら下がるヘビ ヘビウリ

ハチの巣 ハス

亀甲模様を描く竹  キッコウチク

空気を吸う根 ラクウショウ

台所にもあるような  ブラシノキ

トゲのある風船  フウセントウワタ

ゆきもち  ユキモチソウ

純白の翼  サギソウ

嫁の涙 ハナイカダ



まだアップしていない植物もあります。

ちょっと急いで準備をしましょう。


へんてこりんな植物
パイインターナショナル
2015-08-13




□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


いちじく2

いちじく(無花果)

学名Ficus carica
クワ科 落葉樹小高木  花期:         原産:トルコからアフガニスタン

花言葉
  
誕生花  
由来    花を咲かせずに実をつけるように見えることに由来する。
       Ficusはラテン語でイチジクのこと。

葉は互生、3~5に深く裂ける。縁は波状。
花のうは卵形で秋に果実となる。紫褐色に熟し食べられる。
花のうとは、小さな花が集まったもの。
外からの受粉を必要としない。

生食の他、似たりジャムにしたりする。
乾燥させたものは保存食になる。 

江戸時代に長崎に伝わった。当時は南蛮柿とか唐柿と呼ばれたという。

itiziku-mi世界中で果樹として栽培された。

季語    秋 

          いちじくをもぐ手を伝う天雫  高浜虚子

【伝説】
エデンの園で禁断の実を食べたアダムとイブは、裸は恥ずかしいと、イチジクの葉で腰みのを作った。



『無花果の森』 小池真理子作品。絶望の闇におちた男女が 織りなす、深く切なく甘美な物語。


 
無花果の森
無花果の森 [単行本]



□■□■□■□■□□■□■□■□■□

posted by (C)花信風

✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

asagao-01

 

あさがお(朝顔)
別名 東雲草(シノノメソウ)・牽牛花(ケンギュウカ)

学名
ヒルガオ科 つる性一年草  花期:6~9月  原産:日本 亜熱帯アジア

花言葉
  はかない恋、愛着
誕生花  8月4日
由来    東雲草(しののめぐさ):明け方咲く花

花色は白、赤、紫、青。白い筋や縁などさまざま。
変化アサガオと呼ばれる変わった形のものもある。

奈良時代末期から平安時代初期に渡来
種は牽牛子と呼ばれ漢方の材料。薬用として栽培された。 
オレインを含み、下剤や利尿剤として用いられる。
江戸時代、変化アサガオと呼ばれる変わった形のアサガオを育てることが流行ったそうです。 
その影で普通に咲いたアサガオは捨てられたとか。


アサガオは日が沈んでから約10時間後に、花を開き始めます。
日が沈んでから、花を開くためのスイッチが入るのです。
植物にも体内時計があるのです。


朝顔市 東京では台東区入谷・鬼子母神での朝顔市が有名です。(おそれいりやの鬼子母神)
 6月6,7,8日に開催されます。
開花時期を調整された大輪のアサガオが行灯仕立て売られています。
夜も賑わっていいますが、もちろん花はしぼんでいます。
花の代わりに写真を見て選びます。そして翌朝には開花を楽しめる。

asagao02


朝に咲き夕べにしぼむ花を栄華のはかなさにたとえた。「槿花一日の栄」



季語    

          アサガオにつるべとられてもらい水  加賀千代女
          朝顔の庭より小鯵届けけり   長井東門居

【伝説】 朝顔の茶の湯
 千利休の庭には、朝顔が美しく咲くと評判であった。
それをきいた豊臣秀吉は、見たいと茶会に訪れたが、
庭には一輪の朝顔もなく、茶室に一輪だけ生けられていた。
庭の朝顔を摘み取り、茶室の朝顔を強調した演出に秀吉は感嘆したという。




ひるがお ゆうがお

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

posted by (C)花信風

✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます



BlogPaint

やぶまお(藪苧麻)


学名Boehmeria japonica
イラクサ科カラムシ属 草丈:80~100cm 花期:8~10月

花言葉
  -
誕生花  -
由来    カラムシ(別名;苧麻まお)に似ていて、藪に生えるから。

茎は分枝せず直立。
葉は長さ10~15cm。葉の縁に鋸歯がある。
葉の脇から穂状花序を出し、茎の上方では雌花序を、下方では雄花序を出す

かつてはこの植物からも繊維から糸を紡いでいた。



季語    -

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

posted by (C)花信風

✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

BlogPaint

こせんだんぐさ(小栴檀草)
別名 

学名
キク科 草丈:50~100cm 花期:9~10月 

花言葉
  
誕生花  
由来    栴檀という木の葉に似ている。センダングサより小さいから。

道端や空き地に生える。
根元の葉は互生。縁はギザギザしている。
花枝の葉は菊に似ている。
細い小枝の先に、黄色い筒状の頭花を付ける。
細い種は集まって球状になる。種の先に刺があり くっつく。


季語    -


□■□■□■□■□□■□■□■□■□

posted by (C)花信風

✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます



BlogPaint
 

あきあざみ(秋薊)

秋に咲くアザミの総称で、秋薊という種類はないんですって。

写真の薊は高さ150cmほどですが、200cmを超えるモノもあります。
花は密集してつきます。

  


季語    秋



□■□■□■□■□□■□■□■□■□

posted by (C)花信風

✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

このページのトップヘ