花信風 季節からのたより

季節と花を追いかけて。花の名前や由来、伝説・・・・を集めています。 過去記事は、加筆などして日付を移動させたりしています。

2016年01月

BlogPaint



 

こがま(小蒲)

穂絮(ほわた)が風に飛んでいました。

BlogPaint


穂が飛んだ後

細い芯が見えてきました。

なんだか 鶏の骨っぽい



BlogPaint


蒲は、夏、茎の先に花穂をだしますが、

その実が熟れると 穂がほぐれて 穂絮となって飛散します。

「因幡の白兎」がくるまったのは 蒲の穂絮



蒲の絮・蒲の穂絮  秋の季語です。

くだけ落つ蒲の穂わたのはなやかに  星野立子







蒲の穂・蒲の花 は夏の季語です。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

P1092826


ふきのとう(蕗の薹)

蕗の花穂のことです。

キク科に属します。

P1092827



もう蕗の薹が出ていました。

春が足音が近づいているんですね

天ぷらにすると 美味しいとか

ほろ苦い早春の味



P1092836

 

春の季語です。

蕗の薹ふみてゆききや善き隣  杉山久女

   



□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます




早梅(そうばい) 梅早し

早梅という種類があるわけではありません。
冬の暖かい時に 早く咲く梅のことです。

季語は「冬」です。

2015年~2016年は暖冬傾向にあり 1月上旬に咲き始めました。


こうとうじ(紅冬至)


BlogPaint


BlogPaint





はつかり(初雁)

BlogPaint





BlogPaint




やえやばい(八重野梅)

BlogPaint




かごしまこう(鹿児島紅)

BlogPaint


BlogPaint


撮影:1月9日 東京・向島百花園



□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます



ストック

”押しくらまんじゅう”をしているような花です。

 

ストック(Stock)
別名 アラセイトウ(紫羅欄花

学名Matthiola incana マッティオラ・インカナ
アブラナ科  一年草 草丈:30~80cm  花期:2~5月 原産:南ヨーロッパ

花言葉
  赤・信じてください  白・永遠の恋   黄・さびしい恋
誕生花  
由来    マッティオラは植物学者「マッティオリ」に由来。
       インカナは「灰白色」の意味で茎や葉に細かい毛が生え灰白色に見えるとことにちなみます。

一重、八重咲きがある。
花には芳香がある。

古代ギリシャ、ローマ時代には薬草として栽培されていた

房総半島の花畑はよく知られています。


季語    
□■□■□■□■□□■□■□■□■□

スライドショー


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


BlogPaint

かねのなるき(金のなる木)

別名 ふちべにべんけい(縁紅弁慶) かげつ(花月)


ベンケイソウ科 アフリカ原産の多肉植物 雌雄異株

小さいですがとても綺麗な花です。


BlogPaint


選定した小枝を挿し木にすることで 増やせます。

おかげで母のベランダは カネノナルキの鉢だらけです。

2015年は つぼみがたくさんできたと喜んでいます。

やはり暖冬だからでしょうか


BlogPaint

  



□■□■□■□■□□■□■□■□■□



✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


BlogPaint

 

キルタンサス



筒状の細い花がお辞儀をして咲いていました。

 ヒガンバナ科 キルタンサス です




BlogPaint



かるく湾曲した姿をしています




BlogPaint




□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


BlogPaint


蛇の目エリカ

別名 くろしべえりか

学名:Erica melanthera  ツツジ科

雄しべの葯と言われる部分がj黒いことが、「蛇の目」の由来です。

エリカ とてもきれいな響きですが、ギリシャ語の「軟毛」が語源だそうな。アララ



BlogPaint

  




□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


BlogPaint


水仙(黄色)


別名:黄房咲水仙

日本水仙より 少し遅れて咲きます。


春の季語に「黄水仙」とありますが、

これは春に咲くラッパ水仙などのことです。




BlogPaint


暗がりに咲いていると


ポッと灯りがともったようです

  
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

BlogPaint

 

西洋躑躅(せいようつつじ)
別名 アザレア


ツツジは春から初夏に咲く花ですが、
ときどき返り咲きを見かけます。

アザレアは、アジアのツツジがヨーロッパに渡り、
品種改良されたもので、明治初期に渡来しました。

鉢植えでよく見かけます。



BlogPaint





このアザレアは 葉も目立たず、枯れ木から咲いたようでした。

造花ではありませんよ。横から見ると 隣に蕾も見えています。



□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

BlogPaint

綿(わた)


 通りすがりのマンションの小さい花壇で 実っていました。

綿の実は 木綿の原料になります。この中に種があり。

「綿実油」はサラダ油など食用油になります。

お世話になってます。


BlogPaint


夏に開花した綿は、秋に実を結び、熟すると3つに裂けて
白い綿毛を付けた種子を出します。これを「綿吹く」といいます。


ワタの花は夏の季語。
綿(わた) 綿の実 は秋の季語です。

名月の花かと見えて綿畠  芭蕉


綿 というと 私は、映画「風とともに去りぬ」を思い出します。
南北戦争後、「二度と飢えに泣きません。」と復興と開墾を誓います。
そして大農場の令嬢だったスカーレット姉妹は 農場で綿を摘むのです。

原産地はインド、中南米

日本へは平安時代に渡来。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

このページのトップヘ