花信風 季節からのたより

季節と花を追いかけて。花の名前や由来、伝説・・・・を集めています。 過去記事は、加筆などして日付を移動させたりしています。

カテゴリ:花信風 >

くず ( 秋の七草

別名:裏見草・夏葛・葛藤根・久須架豆良   
英名:


kuzu01_1



・学名:Pueraria lobata
・マメ科  蔓性多年草   ・花期: 7~8月  ・原産:日本、中国


kuzu03_1


花言葉  治癒
誕生花  
由 来 くずかずら→くずになった。かずらは蔓性の意。
吉野郡国栖(くず)村で、根から採った葛粉を地名にあやかって「吉野葛」の名で売り出して有名になった。
葉の裏は白いので「裏見葛」。転じて「恨み草」

大きな葉は3枚複葉 裏が白い。夜はたたんで眠る。
初夏の頃玉状の新葉を伸ばす。
夏の終わりごろ 葉の間から赤紫色の10cmほどの花柄を出し蝶形の花をつける。
葉に隠れるように咲く花を「裏見の花」怨みに通じるといわれる。
ほんのり甘い香がする。
人里に近くに茂る。

生育旺盛で谷や崖を覆い尽くす。一年で1400m伸びた記録があるという。
黄河流域の緑化に葛が植えられているという。アメリカではカバープランツとして利用されている。

kuzu04_1


根は食用となり、葛湯、葛餅、葛まんじゅう。

【薬用】根を干した「葛根湯」は解熱剤。
若菜や花は飢饉の際の救荒食糧であった。

古代には葛の皮の繊維を織って衣料にした。
蔓は縄やカゴの材料にした。

kuzu05_1



・万葉集には18首。花を詠んだのは秋の七草にある1首のみ。
 ハギの花 尾花葛花ナデシコの花 女郎花また藤袴朝貌の花  


 をみなえし生うる沢辺の真田葛(まくず)原 何時かも繰りて我が衣に着む
    読み人知らず 巻7 1346
 真は美しさを強調。茎の繊維から布を下り衣服にしていた。 

 我がやどの葛葉日に異(け)に色づきぬ 来まさぬ君は何心そも
   巻10 2295

・秋風のふきうらがえす くずの葉の うらみても猶うらめしき哉


・葛の風に吹きかへされ裏のいと白く身揺るぞをかし   枕草子

 葛の花踏みしだかれて色あたらし。この山道を行きし人あり   折口信夫
 葛の花ここにも咲て人里のものの恋しき心おこらず        斉藤茂吉


・恋しくば、尋ね来て見よ和泉なる、信太の森のうらみ葛の葉・・・浄瑠璃「葛の葉」

・日本書紀 神武天皇が葛の繊維で土蜘蛛を退治した話がある。



季 語
 
【春】葛若葉 
          葛の若葉吹き切って行く嵐かな  暁台


【夏】玉巻く葛、葛切、葛餅など 
          葛切りの井のすずしさを掬うごとし 大野林火

【秋】葛、葛の葉、葛根掘る
          葛の葉の吹きしずまりて葛の花  正岡子規
          天狗風残らず葛の裏葉哉     蕪村 

【冬】葛湯、枯れる葛
          

      
      


BlogPaint
ありがとうございます
                 

 □■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ


十月の華

PA024766

くこ(枸杞)


枝は細く長く垂れ 風に揺れる風情が好みです。
紫色の花は 1cmくらい ぽつぽつと咲きます。

トゲがあるので生垣にもされる。

枸杞の実はドライフルーツや薬膳粥の具にも用いられます。
杏仁豆腐についている赤い実です。

ほか生薬としても用いられるそうです。



PA024767

クコの実

花と同時期に熟した実を見ることが出来るんです
ちょっと不思議ですよね

P9295914
2017.09.29


ナス科 落葉低木
原産 東アジア


PA126181
2017.10.12


【季語】 枸杞の実:秋  枸杞の花 :春
          枸杞垣の赤き実に住む小家かな  村上鬼城



 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


1月の華

P1072225

くちなし(梔)の実


この実が黄色の染料になるのです

おせち料理の栗きんとん にも使われるそうな





P1072279





 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


12月の華

PC041743

くわ(桑)

桑の葉ってこんなにきれいに黄葉するんですね


ことしは特別かもしれません。

桑の葉は、蚕の餌として重要な作物です。

桑畑は地図記号にもあります。


叔母夫婦が、住宅を購入したとき、あたりは桑畑が広がっていました。

行くたびに桑畑は住宅にかわり、やがて畑はすっかりなくなりました。


くわばら くわばら
雷除けのおまじない。災難を避けるおまじない。

goo辞書によると
死後に雷神となったという菅原道真の領地桑原には落雷がなかったところからという。
また、雷神が農家の井戸に落ちて農夫にふたをされてしまったとき、雷神が「自分は桑の
木が嫌いなので、桑原と唱えたなら二度と落ちない」と誓った、という伝説によるともいう。




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


11月の華

PB071114

クレスト


母が買ってき鉢植えのこの花

花の大きさは1.5cmくらいです。


PB071113

クレストとありました。

でも図鑑で見つかりません。

新しい花なのでしょうか



 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


十月の華

PA300920

くちなし(梔子)の実


実を結ぶのは一重の花のクチナシなんですって
この実の数 花の頃は良い香りがあたり一面に漂っていたでしょうね

熟しても割れないことから口無しという説のほか
鳥も食べないので 口無しという説もあるようです。

PA300919

10月30日

古くから乾燥させた果実を黄色の着色料として用いる。
お正月の栗きんとん、沢庵漬、和菓子など。
最近は無添加が好まれる傾向ですが。
草木染めにも使われる。


アカネ科




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

六月の華

BlogPaint


九蓋草(くがいそう)



輪生する葉が 何段もの層になります。


「蓋(がい)」とは 笠を数える単位のことです。

蜜が美味しいのか 虫がたくさん来ていました。


BlogPaint



ゴマノハグサ科ともオオバコ科という資料もあります。




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


五月の華

P5284150


くろばなろうばい(黒花蝋梅)


蝋梅は良い香りのする花として知られています。

黒花蝋梅も、甘い香りがするというのですが

この花からは 香りはしません。

もう一度調べたら

変種のアメリカ黒花蝋梅は 香りが薄い とありました。

私が見た この「くろはなろうばい」(名札あり)は

変種の方なのかもしれません。

P5284149

花の後




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

五月の華


P5284146

くらら(眩草)

別名 草槐 (草槐) 苦参(くじん)


クララと聞くとアルプスの少女ハイジを連想します。

CMのおかげで忘れることはありませんでした。

でもこの名は 値を噛むとクラクラするほど苦いからだそうです。


根には、消炎、鎮痛作用がある。

苦参(くじん)とは生薬名。



日当たりのよい草原を好む

自生地は減っているそうです。




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

五月の華


P5144012



くすのき(楠・楠木)の花

別名 樟脳(しょうのう)


楠は、神社によく植えられています。

 御神木とされる巨木もあります。

春に新芽が育つと 花をつける。

淡い黄色で 小さく 目立ちません。


材からとれる精油は 樟脳(しょうのう):カンフル

仏像の材としても使われる。


180px-Bodhisattva_Chuguji画像:ウィキペディア

 中宮寺の菩薩半跏像 飛鳥時代の作。

材は楠です。


樟脳は衣類の防虫剤として、使われていました。

季節の変わり目には、樟脳の匂いの残る服とすれ違うことがありました。

いまは 匂いのしない 新しいタイプの防虫剤が定番のようです。


P5144011


私の通っていた小学校では 大きな楠がシンボルです。

創立は大正13年。なかなかの樹齢です。



楠木正成(くすのきまさしげ)
鎌倉時代末期の武将
「太平記」に登場します。

46668

皇居外苑の楠木正成像




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

このページのトップヘ