花信風 季節からのたより

季節と花を追いかけて。花の名前や由来、伝説・・・・を集めています。 過去記事は、加筆などして日付を移動させたりしています。

カテゴリ:季節を楽しむ > 五節句・雑節

PHOTO181

重陽の節句
(ちょうようのせっく)

9月9日

五節句の一つで最も重要をされていました。

 【由来】

九は陽数(奇数)で九を重ねるから重陽または重九(ちょうきゅう)といいます。
平安時代には菊酒を飲み長寿を祈る「観菊会」が盛んに行われ、江戸時代には菊の節句とよばれ、五節句の一つになりました。
明治に入り急速に廃れていきました。新暦の9月9日は菊はまだ咲きませんね。

「お九日(おくんち)」
9月9日の重陽の節句は秋祭りと一緒に祝うことが多かった。人々はこの日を特別に尊び「お」をつけて「おくんち」と呼んでいました。
北九州地方では秋祭りを「おくんち」と呼んでいるようです。


菊の効用
平安時代は、菊の花の露は長寿に効果があるといわれ、夜に菊の花の上に綿を被せ、露を含ませて実を清めていました。これは古典文学にも出てきます。

菊酒 
日本酒の杯に菊の花を浮かべ、菊の香りを移します。



BlogPaint





季語
 【秋】 重陽 重九 菊の日 菊酒 菊の宴
          人心しづかに菊の節句かな  召波

               
          五節句 
人日(じんじつ)  1月7日 七草
上巳(じょうし)  3月3日 桃
端午(たんご)   5月5日 菖蒲
七夕(たなばた) 7月7日 笹
重陽(ちょうよう) 9月9日 菊

 五節句の日は特別なお料理を食べ、神にお供え物をしていたことから、「五節供」とも書きます。
これらの日は長寿や健康を願って、様々な厄払いやお祝いの行事が行われました。



□■□■□■□■□□■□■□■□■

✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿ 

 

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

ありがとうございます

二百十日(にひゃくとうか)

台風の特異日(とくいび)
特定の気象条件が発生しやすい日を特異日といいます。
処暑には台風が発生しやすいため、台風の特異日といわれます。
立春から数えて210日目と220日目も台風の厄日とされています。
2016年は8月31日にあたります。


 【由来
 徳川幕府の暦を編纂していた保井晴海が漁師に教えられ、使い始めたとされているそうです。 稲の開花期にも当たることから農家では「厄日」として恐れ、風祭りを行ったりする。 
今のカレンダーでは、二百十日は毎年9月1日頃ですが、陰暦では、毎年変わるため、二百十日を知ることは必要だったのです。


風の盆
  富山県八尾町の「おわら風の盆」は二百十日の風の神を静め豊作を祈る行事です。
 町中の男女が「越中おわら節」を三味線、胡弓、笛太鼓を伴奏に歌い、踊り明かす。哀調を帯びた囃子にのってゆったりと流す踊りは、しみじみとした情緒がある。
 小説・映画「風の盆恋歌」で全国的に知られました。


台風の名前
 日本では台風〇号と その年の発生順に番号で呼びますが、海外では名前リストに基づく言い方が多いようです。
動物や植物、山や川など自然にちなんだ名前が多いのだそうです。
205年の台風第一号は、タイ語で「クラー(薔薇)」、台風14号は韓国「ナービー(蝶)」と名付けられたんですって。
私は、番号の方が好みです。




P8140534

女郎花


【季語】  秋  二百十日 二百二十日 厄日

          風少し鳴らして二百十日かな  尾崎紅葉
          日ぐれ待つ青き山河よ風の盆  大野林火

 

♦♥♦―――――♦♥♦

雑節:二十四節気以外の節 
雑説は五節句と同じように二十四節気を補い、季節の移り変わりを表したものです。
年間行事や農作業の大切な目安となる節目になっています。

四季の土用、節分、春秋の彼岸 八十八夜、入梅、半夏生 二百十日
社日と二百二十日を加えることがある 


□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿ 

 

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

ありがとうございます



          

土用の丑の日(どようのうしのひ)

2016年は7月30日です。


eel-645641_960_720


「土用」とは、立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間をいいます。
「土用の入り」(7月20日)ころから立秋前日(8月)までの18日間で、その間の丑の日を「土用の丑」といいます。

土用うなぎ
土用の丑の日にうなぎを食べる風習は江戸中期の以降のことで、古くは薬食いの意味がありました。
うなぎを開いて、てれで食べ始めたのは、寛政以後で、山椒を添えるのは魚の毒を消すためだそうです。

丑の日にうなぎを食べようと提唱したのは江戸時代の蘭学者・平賀源内。
知り合いのうなぎ屋の宣伝ために、丑の日は『う』の字のつく物を食べると夏バテしない。本日土用丑の日。
などどと看板に書き、大繁盛したといわれています。

「う」のつく物を食べると元気が出るという説もあり、梅干も食べられた
うなぎと梅干の食い合せがよくない、という説がありましたが、現在では特に問題がないと言われています。

土用シジミ
土用中にシジミを食べると、雨が目にはいらない、などどいわれ、味噌汁などにして食べる。

他にも土用餅、土用たまごなどを食べて夏バテを防止する習わしがあった。
私の母の生家では、夏にお餅をついて食べる風習がありました。夏休みの楽しみでした。


うなぎの焼 開かずに切って焼いた姿が、蒲の穂に似ているから呼ばれたんです。


BlogPaint

コガマの穂

CIMG9065

山椒の花




季語
 【夏】

やり過ごす土用鰻といふものも    石塚友二
食い合わせ絵図をたよりの土用人  長部紅女
               
          



□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿ 

 

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

ありがとうございます

台風の傷1
台風の傷1 posted by (C)小夜

二百十日(にひゃくとうか)

立春から数えて210日め、2014年は9月1日 雑節

  徳川幕府の暦を編纂していた保井晴海が漁師に教えられ、使い始めたとされているそうです。
 稲の開花期にも当たることから農家では「厄日」として恐れ、風祭りを行ったりする。
 気象的には、年により変動が大きい。
 


風の盆
  富山県八尾町の「風の盆」は二百十日の風の神を静め豊作を祈る行事です。
 町中の男女が「越中おわら節」を三味線、胡弓、笛太鼓を伴奏に歌い、踊り明かす。
 哀調を帯びた囃子にのってゆったりと流す踊りは、しみじみとした情緒がある。
 小説・映画「風の盆恋歌」で全国的に知られました。

 
雑節:二十四節気以外の節 
四季の土用、節分、春秋の彼岸 八十八夜、入梅、半夏生 二百十日
社日と二百二十日を加えることがある 


季語    二百十日 二百二十日 厄日 風の盆 【秋】

       枝少し鳴らして二百十日かな  尾崎紅葉 
       日ぐれ待つ青き山河よ風の盆  大野林火
 

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿ 

 

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

ありがとうございます

                       

節分  logo02
 


RIMG1579
RIMG1579 posted by (C)花信風


 節分=2月3日と思っていましたが

節(季節)の分かれ目のことで、立春、立夏、立秋、立冬の前日を指すそうです。

旧暦では立春を新年の初めと考えていたそうです。
立春前の節分は 大晦日とも共通する特別な日だったのです。

豆まきの鬼とは、病気や災害のことを指しています。風邪で亡くなる人もいたのですから、
豆でもイワシでも柊でも 信じたくなりますよね。

この豆まき、庶民に広がったのは江戸時代だそうです。
由来は、宮中の「追儺(ついな)」という行事で、これは新年を迎えるにあたり邪気を払うために行われた古代中国の宮廷儀式で、日本には奈良時代に伝わった。
 豆をまく風習はなく、桃の木で作った弓、葦の矢で邪気を払っていたそうです。
豆をまきはじめたのは室町時代の頃ではないかといわれています。

24
鬼とは?病災害。人の目に見えない怖いもの「隠」という字が当てられていました。

「おに」は陰陽五行説では、北東(丑寅)の方角「鬼門」にいるとされ、牛の角と虎の牙を持ち 人を襲う恐ろしい怪物と考えられました。

炒った大豆で鬼の目を打つことから「魔目」ともいわれていたそうですよ。

見ない恐ろしい物を退治するのに、おに野顔ができて、豆を投げるようになったのですね。
鬼はイワシの匂いが嫌い といういわれが生まれ、節分の夜に鰯がよく食べられるようになりました。
この時期の鰯は脂がのって美味しいというのも 理由だと思います。

CIMG8884
ヒイラギ

「やいかがし」は魔除けのおまじない
焼いた鰯の頭をヒイラギの枝に刺して、門口や軒下に吊るす風習です。
ヒイラギで鬼の目を刺し、。焼いた鰯の臭いで鬼を追い払う、魔除けのおまじない。
吸血鬼はニンニクが苦手でしたよね~。
「やいかがし」は「焼き嗅がし」の意。

「鰯の頭も信心から」ことわざ
 どんなつまらないものでも信じ位の仕方次第で、ありがたいものになる。
 いろはがるた 京都の「ゐ」


鰯の塩焼き

鰯の塩焼き



CUT_163恵方巻き
関西には節分の日に、恵方(毎年変わります。)を向いて、黙って太巻き寿司を丸かじりすると、 一年無病息災で過ごせるという言い伝えがあります。これを恵方巻きと呼んでいます。
具は七福神にちなんで7種類とされています。

 


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿ 

 

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

ありがとうございます

このページのトップヘ