花信風 季節からのたより

季節と花を追いかけて。花の名前や由来、伝説・・・・を集めています。 過去記事は、加筆などして日付を移動させたりしています。

カテゴリ:季節を楽しむ > 祝日・記念日

七五三(しちごさん)

子供の成長への感謝と願いを込めてお参りする行事です。

753-66364_960_720


 【由来】
 
5代将軍徳川綱吉が我が子・徳松の成長を祈って始めたという説が有力です。

3歳 髪置き 江戸時代は男女ともに 髪を伸ばしはじめました。
            もう赤ちゃんではないという意味です。

5歳 袴儀     5歳になった男の子は、袴をつけました。
           勝負の場の基盤の上に立ち祈ったそうです。

7歳 帯解き  ひも付きの着物はやめて、帯を締める。
            私の祖母は「帯解き」と言っていました。

 

          
       shichigosan_torii  
 


昔は、医療事情などで乳児脂肪率が高く、子どもが健康に育つことが難しかったといわれています。
七五三は、その年齢まで成長できた事への感謝と、厄払いを受けるのが一般的。
それぞれに意味があったのでした。

千歳飴 一説には、浅草の飴屋が「千年飴」として売りだしたのがはじまりだとか。
鶴・亀・松・竹・梅など縁起の良い図案の袋に長い紅白の飴が入っている。


        PB171407


 数年前の12月、深川の八幡様にお参りにいくと、七五三の親子連れを何組も見かけました。
旧暦の11月15日ころだったのかもしれません。

ということで 旧暦の11月15日の12月13日にアップしました。


季語
 【秋】
          よくころぶ髪置きの子をほめにけり  高浜虚子
          袴貴の子のおとなめく日和かな    赤松鳴潮
          帶解や立居つさする母の親      村上鬼城
          七五三夜の杜となり果にけり     石塚友二

          

               
          



□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿ 

 

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

ありがとうございます

中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)

旧暦の8月15日の月
秋草や虫の音、夜露や秋風と、佇まいが一層月を美しくさせる。

RIMG0057
2016.9.15

 【由来】

旧暦の8月15日の夜、月見団子や里芋などを供えて、ススキを飾って月を祭ります。
カレンダーが普及する前は、月々の満ち欠けの周期が旧暦のもとになりました。
この日は初穂祭でもあり、収穫した作物を供え、神に感謝してその夜の満月を愛でました。


里芋
十五夜のお供え物として全国的に見られるのが、里芋などの芋類。
これは里芋の収穫祭の性格を持っているからです。

月見団子の数
お供えする月見団子の数は、その年の月数なんです。平年は12個ですが、閏月のある年は13個をお供えしていました。旧暦では一年が13ヶ月の年があったのです。

盗み食いの風習
縁側にお供えした月見団子は、子どもたちが盗み食いしてよいとする風習がありました。
たくさん盗まれたほうが縁起が良いとされました。いまでも残っている地域はあるのでしょうか。

この風習の体験者である、管理人のツレが申しますには、甘かったり、きなこが振ってあったり、中にあんこが入ったりと各家で違っていた。一緒にお菓子も供えてあったそうです。

月の語源
民俗学では、もともとは「憑く」という意味があっと云っています。月には神が憑いているという考えがあるといわれています。
「今日はついてる」「つきがまわってきた」とかいいますよね。
真っ暗闇の夜、月の明かりの有り難みはどれほどだったでしょう。

.




季語
 【秋】 名月 望月 満月 今日の月 十五夜 芋名月
          名月や池をめぐりて夜もすがら  芭蕉
          名月や故郷遠き影法師       夏目漱石
          名月をとってくれろと泣く子かな  一茶
               
          



□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿ 

 

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

ありがとうございます

防災の日(ぼうさいのひ)9月1日

地震が多発している昨今、防災訓練への参加、防災グッズの見直しを忘れずに。


 【由来】

1923年の9月1日、相模灘一帯を震源とする大地震が関東一円を襲い、各地ではなはだしい被害を被った。
東京都慰霊堂で犠牲者に対する慰霊祭が営まれる。
大震災を教訓に、1960年に建設省(現在の国土交通省)が防災意識を高めるために防災の日を定めました。全国的に防災訓練が行われます。

20130825_ireido1


P8284474

お水のストック ざっと12本
他に缶入りのリッツ 缶詰 レトルトカレー ご飯
その時 自宅にいるとは限りませんが 一応

トレペもひと月分はキープしています。
衛生用品の流通は遅れるそうですよ。



P8284475


しまい込まないで 熟読するとしましょう!




季語
 【秋】 震災記念日 震災忌
               
       万巻の書のひそかなり震災忌  中村草田男   



□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿ 

 

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

ありがとうございます

五山送り火(ござんおくりび)


お盆に帰ってきた先祖の精霊を再び送る行事のこと。


gozan-okuribi-map

 【由来】

室町時代以降から行われているといわれています。
京都を囲む五つの山に「大文字」「左大文字」「船形」「鳥居形」
「妙法」をかたどった火を灯します。

「五山送り火」の画像検索結果
船形 別名:精霊舟
 船首は西方浄土に向いていると いわれています。


「五山送り火」の画像検索結果
妙法
 二山一対で一山と数える。
 法華宗の進行に由来している。


「五山送り火」の画像検索結果

大文字
 五山の中で一番最初に点火される。
左大文字
 東山の大文字と並べて 左に見えることから。

「五山送り火」の画像検索結果

鳥居形
 愛宕山への山道にある鳥居に由来。


十山の送り火だった!?

江戸時代後期には、「い」「一」「竹に鈴」「蛇」「長刀」の字をかたどった送り火もあったが、財政・人的要因により途絶えたといわれている。


送り火の灯を盃に映してお酒を飲むと、中風にならないと いわれている。
燃え残りの消し炭は魔除けになるといわれ、半紙に包んで軒先に吊るしたりするそうです。


山梨県一宮の 大文字焼き

「山梨 大文字」の画像検索結果






季語
 【夏】
               
          



□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿ 

 

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

ありがとうございます

盂蘭盆会(うらぼんえ)


7月13日から16日に行われる仏事。
灯篭を吊り、精霊棚をしつらえ真菰を敷き、野菜などを供え、
僧侶にお経をあげてもらう。最近はお寺に行くことが多い。
東京では新暦で行いますが、月遅れで行う地域もあります。

osonae



 【由来】

 先祖の霊を供養する日で、「盂蘭盆会」という仏教の経典に書かれた説話が起源といわれています。釈迦の弟子の目蓮が上苦しむ餓鬼道に堕ちた母を救うため、7月15日に衆僧に食事を振る舞い、供養したという。インドから中国を経て、日本に伝わったのは飛鳥時代。

          o0400026713005134013


「迎え火」「送り火」
盆の入り(13日)の夕方、家の前で麻幹(おがら)や稲わらを燃やして火を焚き、先祖の霊を迎えるのが「迎え火」。
盆明け(16日)の夕方に火を炊いて先祖の霊を帰すのが「送り火」。この習慣は、江戸時代に盛んになったといわれている。


obonlanterns_img01


軒ちょうちん ご先祖様が迷わずに帰ってくるように。

盆花(ぼんはな) 玄関先に飾りご先祖様を迎える。ホオズキや桔梗など。

玄関先に水を張った桶
ご先祖様の旅の塵を洗い清める。

「ナスの牛」「キュウリの馬」
ナスの牛に荷物をのせ、キュウリのう前に乗って帰るといわれている。
ほかに、来るときは速い馬で、帰りはゆっくり牛で、という地域もあるようです。

お盆のおまじない
麻幹ををタンスの中に入れておくと、衣服に困らないという言い伝えもあるそうです。


お盆の飾りつけや供え物には、意味があります。
それらを知ると、先人たちのご先祖様への気持ち、
命がつながってきたことを感じられますね。



ほおずき


ほおずき(鬼灯)


kikyou030928

桔梗


祖母の地域では 里芋の葉の上に1cm角に切った野菜をのせて供えていました。
祖父が藁でつくった馬と、私がつくったナスの牛、キュウリの馬を庭に供えました。
七夕も月遅れでお祭りするので、笹飾りの下が馬たちの定位置でした。
お盆が終わると 近くの川に流しにいきました。


山川に流れてはやき盆供かな  飯田蛇笏

御仏はさびしき盆とおぼすらん  小林一茶


季語
 【秋】
               
          



□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿ 

 

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

ありがとうございます

お中元(おちゅうげん)

ochuugen3

贈っていますか?
我が家は、地方に住む兄弟に贈っています。
会うことが少ないので、日頃のご無沙汰のお侘びと
夏を元気に乗り切って欲しいという気持ちです。
兄にはローストビーフ、弟には高級ビール、これが定番です。

 【由来】

中国の三元論が起源。中国では旧暦の1月15日を「上元」、7月15日を「中元」、10月15日を「下元」といいます。季節の変わり目に神に食物を供え、人々をもてなしていました。特に7月15日の「中元」は罪を懺悔し許す日として、贖罪の意味で近所に品物を贈るという習慣がありました。

中国の中元の風習が日本に伝わり、お盆に先祖の霊に供える習慣と結びついて、この時期に物品を贈る風習を御中元というようになったようです。

7月1日から15日頃までに贈るの一般的で、15日を過ぎたら「暑中見舞い」「残暑見舞い」として贈ります。
ひと月遅れ(旧暦盆)で贈る地域もあるようです。


水引

のし紙の上に、赤金のヒモ(5本か7本)を花結びにする。印刷されているもの多い。
水引の上に「お中元」、下に名前を書く。


中元のきまり扇や左阿弥より   山口誓子


PHOTO010

みずひき(水引) タデ科


季語
 秋
               
      季語では旧盆なのです。    



□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿ 

 

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

ありがとうございます


BlogPaint

エイプリルフール
別名 四月馬鹿(しがつばか)、万愚節(ばんぐせつ)



    この日は吊みん合いいたずら程度の嘘なら許され、嘘が巧妙であるほど、よろこび興じる風習です。
    
  諸説あるようですが、ここでは暦に関する説を紹介します。
    16世紀フランスにて1月1日を新年とするグレゴリオ暦が採用されると、それまで4月1日を新年としてきた人々が反発して4月1日を「嘘の年」として馬鹿騒ぎをするようになった。
  太陰暦、一年10ヶ月など、その国の文化や農耕に関わりますから、いろいろあったようです。
  現行のカレンダーが世界共通になったのは、そんなに昔のことではないのです。

 有名なうそは、ラジオから流れた「火星人襲来」。オーソン・ウェルズが主演したドラマでしたが、聞いた人はびっくり!大騒動になったそうです。その後も、宇宙ネタは多かったようです。
   

エイプリルフールは春の季語でもあります。

   四月馬鹿五右衛門風呂を空にして  長谷川かな女
   万愚節に恋うちあけしあはれさよ   安住 敦

桜が咲いて春爛漫かと思いきや、冬を思わせる風が吹いたり。
今日は入社式の企業も多いですが、かつて入社式の日に倒産を知らせる。なんてこともありました。これは嘘であってほしかった。
春はなにかと人騒がせな季節のようです。
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

 P2170140 
 

十二支のものがたり
(じゅうにしの ものがたり)

    
 昔々、ある年の暮れのこと、神様が動物たちにお触(ふ)れを出しました。
 「元日の朝、新年の挨拶に来なさい。早く来た者から12番目の者までを
 順番に一年交代で動物の大将にしてやろう」

 動物たちは、それぞれ元日が来るのを待っていましたが、
   ネコは挨拶に行く日を忘れてしまい、ネズミに聞きました。
 ネズミはわざと一日遅れの2日だと教えました。

 大晦日の夜、ウシはまだ世が明けぬうちから神様の元へ出発しました。
   それに気づいたネズミはそっとウシの背中に飛び乗りました。

 ウシが神様の御殿に着くと、まだ誰も来ていません。
   神様の御殿の門が開くと、背中に隠れていたネズミはさっと飛び降りて
 一番に神様の元へと走って行きました。

 こうしてネズミが一番、ウシが二番、続いてトラ、ウサギ、竜、ヘビ、ウマ、ヒツジ、
   サル、イヌ、イノシシの順に挨拶をし、十二支の動物が決まりました。

 ネコは、ねずみに騙され、一日遅れて神様の元へ行ったので、十二支に入れませんでした。
 それ以来、ネコはネズミを恨み追い回すようになったとさ。

(日本の民話より)

□■□■□■□■□□■□■□■□■□
P2170145
P2170143
P2170142


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます



このページのトップヘ