花信風 季節からのたより

季節と花を追いかけて。花の名前や由来、伝説・・・・を集めています。 過去記事は、加筆などして日付を移動させたりしています。

カテゴリ:花信風 >

7月の華

P7025031

トルコキキョウ(トルコ桔梗)
別名 リシアンサス



生花コーナーにトルコ桔梗が並ぶようになりました。

選んだのは 淡いイエローのボヤージュという種類です。


P7025033


バラのような華やかさです。

花言葉は 花の色によっても変わりますが

「希望」「優美」「清々しい美しさ」などがあります。


P7025032



名前は桔梗ですが、リンドウ科
原産地 アメリカ

名の由来は 花の形が、トルコの人が頭に巻くターバンを連想したことだそうです。




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


11月の華


PB131309

どんだんつつじ(燈台躑躅)
別名 満天星

小枝の様子が結び灯台に似ていることに由来するそうです。

結び灯台って

BlogPaint

この一番右のものです。↑

BlogPaint



子どもの頃
近所に、立派な節句飾りのあるお宅がありました。
甲冑の両脇には結び灯台も飾られていました。
そこには、真っ赤なが炎のように入れられていました。
甲冑の様子は覚えていませんけど。


ツツジ科 落葉低木



□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

九月の華

P9184665

トレニア
別名 花瓜草(はなうりくさ)

崖の上のポニョを思い出しますね

近所の児童公園の花壇で咲いていまいた。
花壇は苗ではなく 育った株を植えるので
親しみはイマイチ湧きませんが、
知らない花が植えられるので それはそれで楽しいのです

P9184667

赤いとなおさら ポニョでしょ!?


P9184666

カメラ目線が恥ずかしいです~。

P9184668
個体ごとに
表情のある花です。




アゼナ科、アゼトオガラシ科など
原産:アジア、アフリカ




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


七月の華

P7240293

とうていらん(洞庭藍)

咲き始めました。


花の色を中国の洞庭湖の水の色にたとえている。



P7240292


ゴマノハグサ科
江戸時代には栽培されてた




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

七月の華

P7240289

とうごうぎく(東郷菊)
別名 ルドベキア・フルギダ(学名)

東郷平八郎元帥がイギリスから持ち帰り、愛でたそうです。


P7240288


キク科
原産 北アメリカ


P7240287




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


六月の華

BlogPaint


ともえそう(巴草)


ビヨウヤナギに似ていますが
トモエソウといいます。

原産は日本 中国 朝鮮半島 シベリア


P6044235

花びらのつき方が ねじれていてプロペラのようです

巴(ともえ)とは ,コンマのような 勾玉のような形のこと。
家紋にも使われる

クリックすると新しいウィンドウで開きます




P6044236


巴御前 なんていう方もいましたね。

木曽(源)義仲の家臣で武勇に優れた女性で 義仲に愛された。




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


dokudmi1
 

どくだみ()
別名 十薬

学名Houttuynia cordata
ドクダミ科 多年草 草丈:20~50cm 花期:6~7月  原産地:日本・アジア

花言葉
  
誕生花  
由来   毒矯み(毒を抑える)からきている説。生の草全体に臭みがある。そのため、何かどくでも入っているのではないかと、どくだめ(毒溜め)と呼ばれるようになり、ドクダミに変化したという。また毒痛に由来するともいう。

葉はハート形で柔らかい。裏は赤紫帯びる。
白い花びらのようにみえる白い4枚の包片は葉の変形したものです。中心部の棒状部分に小さい黄色にみえるのが花序。
日陰を好む。地下茎を横に伸ばしている。
八重咲きもある。

【薬草】 「大和本草」(1708)に「わが国の馬医これを馬に用いると、十種の作用があるということで、十薬と言う」と書かれているそうです。
 成分は葉にはクエルチトリン、花穂はイソクエルチトリンを特に多く含み、悪臭の元はデカノイルアセトアルデヒドやラウリールアルデハイドによるもので、乾燥すると成分が変化して無臭となります。
ドクダミは薬、食べる・飲む 生薬名は、「十薬」で民間薬として知られている。解毒、解熱、消炎、緩下など多くの効能を有する薬という意味があります。あぶったり蒸した葉を腫れ物にはりつけたりしたそうです。

 ドクダミ茶などは、便秘などによいといわれています。
どくだみの葉をきれいに洗い、よく日に当てて乾燥させます。乾燥した葉を、緑茶のようにいれて飲みます。 やわらかそうな葉を天ぷらにするとおいしい!らしい。あの独特の匂いはないそうです。


季語    夏

          どくだみや真昼の闇に白十字    川端茅舎
          どくだみの花いきいきと風雨かな  大野林火



P5284100


□■□■□■□■□□■□■□■□■□

posted by (C)花信風
画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


五月の華

P5144008


やえどくだみ(八重毒痛み)

別名 十薬(じゅうやく)



八重のドクダミ咲き始めました

ドレスを着たフランス人形を連想する 私です。




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


四月の華


BlogPaint

どんだんつつじ(満天星、燈台躑躅)


落葉するツツジの仲間です

花に遅れて葉がでます。

クリーム色の小さな鈴の形の花がぶら下がって咲きます。

風にゆれるとキラキラ・・・・

満天の星のようだとは うまいですね。

花の付き方が 燭台の脚に似ているところから

名付けられたそうです。


P4103575


秋の紅葉が綺麗なことでも知られています。





 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

BlogPaint

とろろあおい(黄蜀葵)
別名 花おくら、おうしょっき

学名:Abelmoschus manihot
アオイ科 草丈:1~2m 花期:8~10月  原産:中国

花言葉
  願う気持ち
誕生花  
由来    学名は麝香+父の意で、manihot はブラジル名。

葉は互生、大きい葉は掌状に5~9に深く裂ける。
花は経10~20cm。黄色。
朝に咲き、夕に散る。
実はオクラに似ているが、剛毛もあり固くて食べられない。

古くに渡来。
根をすりつぶして、和紙の糊として使用され、また鎮咳薬としても使われた。

季語    夏
          黄蜀葵花雪崩咲き亡びし村  加藤楸邨
          

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

posted by (C)花信風

✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


このページのトップヘ