花信風 季節からのたより

季節と花を追いかけて。花の名前や由来、伝説・・・・を集めています。 過去記事は、加筆などして日付を移動させたりしています。

カテゴリ:花信風 >

BlogPaint


フジ(藤)                               

別名 野田藤(のだふじ)

学名 ウィスタリア フロリブンダ 
マメ科 つる性の落葉小高木  花期:4~5月  原産:日本

花言葉
 陶酔する恋、ようこそ美しき未知の人、佳客
誕生花  
由来  花が風に散る姿「風散」に由来しているそうです。
     ウィスタリアはウィスターという人の名前にちなんだもので、
     フロリブンダは「多花の」という意味です。
     野田藤の野田は大阪にあった、藤の名所です。

花序は30~90cm、上から紫の蝶形花を開く藤色から白色まで変異が多い。
花の香りも甘くあたりに漂う、ハチにご注意。
種は秋に結実。鞘はビロードのような手触り。

蔓の繊維が強く、古代から布を織ったり、篭を編んだりする。
籐椅子は憧れでもあります。


ノダフジとヤマフジがあり、ノダフジは時には花房が1mを越すほど長くなりツルは左巻き。
ヤマフジは花房が短く蔓は右巻き。庭園で藤棚になっているのはノダフジ。

                                 BlogPaint


「藤色」平安時代には花の名が,淡い青紫色の色名になっていた。
藤色の衣装を高い位の人にかぎったりした。 
藤紫・紅藤・濃藤 長く太く下がる紫色の花房は古くから日本人に愛された。
王朝貴族はこの花を気品のある美女にたとえ、源氏物語の藤壺のようにつけたりした。

家紋に好んで使われた。
 
影藤 水面に映る藤の花影を愛でる。
藤浪 なびくように揺れる花房への美称。


   BlogPaint



季語    晩春

    行く春の後ろを見せる藤の花    一茶
    くたびれて宿かるころや藤の花   芭蕉
    白藤や揺りやみしかばうすみどり 芝不器男

【伝説1】

 うららかな春の日のことでございます。
美しい娘とサルが手をとり合って山道を歩いておりました。
サルは娘の爺様の大根引きを手伝って、約束どおり娘を嫁にもらい有頂天。
 それは藤の花の満開の頃のことでございました。
「男の子が生まれたら、名はなんとしよう」「サル殿の子ですから猿沢とつけましょう」。
「女の子が生まれたら、名はなんとしよう」「こんなに藤が花盛り、お藤とつけましょう」 。
娘は川岸の藤の花を指差して「あの花がきれい。ほしいわ。いえ、その先の・・となりの・・・」猿が枝の先へと進み、細い枝がしなります。
娘の荷物を背負った猿は、落ちて急流にザンブリ。
賢い娘は無事に家に逃げ帰ったとさ。

 【伝説2】
 昔、武甲山(ぶこうさん)に山姥(やまんば)が住み着き、里の人々を苦しめていました。
あるとき、行基菩薩が訪れて17日間の祈祷をしたところ、さすがの山姥も神通力を失いました。
 山姥は悔しさに「秩父の山から松と藤は絶えてしまえ」と叫んで姿を消しました。以後、秩父には松と藤が生えなくなったとか。
      

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

スライドショー

✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

PB046741


ふじばかま(藤袴)

秋の七草のひとつ フジバカマですが
立冬間近の11月4日に咲き始めていました。



PB247159

11月24日

まだ咲いています。

PB247158


石碑の影響でここだけ 気温が違うのかもしれません。





□■□■□■□■□□■□■□■□■□



✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


8月の華

P8025322

ふよう(芙蓉)

芙蓉は初秋の花です。

朝に開き、夕にはしぼむ。

美人薄命なのです 



枝ぶりの日ごとにかはる芙蓉かな  芭蕉
日を帯びて芙蓉かたぶく恨みかな  蕪村
半橋の小さく見ゆる芙蓉かな   夏目漱石
物かげに芙蓉は花をしまいたる    虚子
おもかげのうするる芙蓉ひらきけり 安住 敦

美人は人気なのでした。


芙容の花を見ると 思い浮かぶのが
さだまさしさんの ♪追伸♪




アオイ科 落葉低木






 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

1月の華

P1022106


ふきのとう(蕗の薹)

蕗の花芽のことです。

1月のこの時期に花芽が開くのは

日当たりの良さもあるでしょうが

やはり 早いです。


P1022105



早春の山菜として 好んで食べられます。

スーパーにも並びます。

ほろ苦さがよいそうな。大人の味ですね。

私は 食べた記憶はありません。

P1022104


キク科 多年草

早春 雪解けを待ちかねたように、花穂をだす。


【春の季語】
          
         みつけたる夕日の端の蕗の薹 柴田白葉女

 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

12月の華

PC041759


秋の七草 ふじばかま(藤袴)の花のあとです。


ふわふわの綿毛がついています。

こうしてみると キク科なんだなぁ と思うです。



PC041760


たんぽぽのように 風に種を飛ばします。


夕日が似合いうなぁ 




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

12月の華

PC041718

かれふよう(枯芙蓉)

秋遅くまで咲き続けた芙蓉も冬になると
葉を落として枯れ
萼に包まれたまま 毛の密生した球形の果実を残します。

寂寥感がただよう。


PC041719


花道では材にします。

【冬の季語】
          芙蓉の実枯れてはなやぐことありぬ  安住 敦



 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


十月の華

PA024799

ふじばかま(藤袴)


入園時間ギリギリに入った庭園
誰もいません。


PA024791


そんな 静かさが似合う花です



PA024793


あたりが 夕日色になってきました




PA024797








PA024800




PA024801


野にひとり色なき風に髪ゆるる  小夜




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます



八月の華

RIMG1541

ブッドレア
別名 房藤空木(ふさふじうつぎ)英名:バタフライ・ブッシュ

長い円錐形の花穂には小さい花がびっしりです
蝶々が好む花だそうですが、この日は見かけませんでした。
お庭に蝶々を呼びたい人にはぴったりかも


RIMG1542



丘虎の尾に似ています。

ゴマノハグサ科 落葉低木
原産:中国




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


八月の華

RIMG1539

ふよう(芙蓉)


芙蓉は美しいものの代名詞で美人のことを芙蓉顔といったりしたそうです。
この美しい花が朝に開き、夕方にはしぼみます。
ああ、まさに美人薄命です。



RIMG1540

芙蓉の花というとこの歌を思い出します。
風にたのんでもむだですか




アオイ科 落葉低木

【季語】 秋
         枝ぶりの日毎にかはる芙蓉かな 芭蕉
         反橋の小さく見ゆる芙蓉かな   夏目漱石


 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


七月の華

P7310395

ふうせんかずら(風船葛)

風船葛って二個ずつ実がつくんでしたっけ?
昨年は種から育てのですが、記憶にありません。
また 育てたくなりました。
種を拾ってこなくては。



P7310396



花信風 風船葛のページへ


 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

このページのトップヘ