花信風 季節からのたより

季節と花を追いかけて。花の名前や由来、伝説・・・・を集めています。 過去記事は、加筆などして日付を移動させたりしています。

カテゴリ:花信風 >

九月の華

P9064564

るりまつり(瑠璃茉莉)

余所の花壇に咲いていました。
2メートルほどに伸びていて
 生垣になっていました。



 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


七月の華

P7300364

るりまつり(瑠璃茉莉)
別名 プランバーコ(学名)

母の日に贈った瑠璃茉莉
今年も花を咲かせていました。

日本の夏にぴったり!
原産は南アフリカだそうです。

P7300365

↑の細い線状のものが蕾


P7300366

このトゲ状の先から蕾がでてきます。
触るとベトベトしています。
これをみると アフリカ原産を納得したりして


P7300367

イソマツ科 半つる性 常緑
原産 南アフリカ



 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

七月の華

P7300349

ランタナ(Lantana)
和名 七変化(しちへんげ)

赤・橙・黄・白花の鮮やかね花
色が次第に変化します。


P7300356

金融会社のテレビCMで
彼女に派手な花束を贈ろうとする男性に勧めたのがランタナでした。
花言葉は確かな計画性


P7300357


小花をたくさん付けます。
内側があたらしい花


P7300355

クマツヅラ科 高さ 1.5m
原産 中南米
花期が長く6月~10月には多く見られる。




□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

七月の華

P7170234

ルドベキア・トリロバ
和名 三葉大反魂草(ミツバ オオハンゴンソウ)

和名で聞いたことはありません。

黄色い花びらが反って
飛んでいるように見えます。


P7170233

道路沿いの花壇から 飛び立ちたいのかしら

原産 北アメリカ

 

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

五月の華

P5294188


フレンチ・ラベンダー(Lavandula stoechas)

うさぎの耳のような苞のある花穂が可愛い種類です。


P5294187

ラベンダーの細い小さい葉の先に 

止まっている 何かの綿毛 

種らしきもがぶら下がっています。

風に乗って 飛んできたのですね

植えた見たい気持ちもありましたが

もっと広いところへ 旅立ってもらいました。




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

四月の華


P4233696


ライラック

仏名:リラ、和名:むらさきはしどい(紫丁香花)


わたしは、フランス語のリラという呼び方が好きですね 

ライラックは英名です。


今はカップルと英語でいいますが、以前はアベックとフランス語

野球ではいまでもアベック・ホームランというのかしら?



涼しいところを好むので北海道ではたくさん植えられ

北海道の木となっています。札幌・大通公園の並木道は有名です。



P4233698


とってもいい香り

香水の原料にもなるです。

花弁が五枚の花を見つけて黙って飲むと、

愛する人が永遠に離れない

という言い伝えがあるそうです。



モクセイ科の花は良い香りがすることが多いような

金木犀もモクセイ科です。花の形も似ています。


【季語】   春
          遠く来て見しものかリラの花咲くを  横山利一




□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

P3133410

 

れんぎょう(連翹)
別名 いたちぐさ いたちはぜ

学名
モクセイ科 高さ:1.5~2m 原産:中国

花言葉
  
誕生花  
由来    和名の”れんぎょう”は漢名の連翹の字音読み。

早春 葉に先立って葉腋に黄色の四弁花を無数につける。
花をつけた枝は盛んに伸び、叢生(そうせい)は見事です、

古くに薬用として渡来。庭園に植えられたのは江戸時代から。


連翹忌  詩人の高村光太郎の忌日。4月2日。
      生前、レンギョウの花を好み、アトリエの庭に植えていたという。


季語    春
          連翹やかくれ住むとにあらねども 久保田万太郎




P3133411

2016.3.13 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


BlogPaint

れんげそう(蓮華草)
別名 ゲンゲソウ、ゲンゲ(紫雲英)
英名 ミルク・ベッチ

学名Astragalus sinicus
マメ科 2年草 草丈15~20cm 花期:4~5月 原産:中国 

花言葉
   あなたは幸福です 心が和らぐ あなたは私の苦しみをやわらがえる
誕生花  
由来     輪状に並んで咲く花を蓮に見立ててこの名があります。


茎は多数に枝分かれして地面を這い広がる。
葉は9~11枚の小葉からなる羽状複葉。
葉の脇から花柄を伸ばし、紅紫色の蝶形花を7~10個つける。
豆果は黒く熟す。

稲刈りの後の田んぼに緑肥として栽培されたり、蜜源としても利用される。

室町時代に緑肥として渡来。

岐阜県の花



季語    春:げんげ 蓮華草 げんげ田

         野道行けばげんげんの束すててある  子規
         げんげ田のうつくしき旅つづけけり    久保田万太郎


 「春の小川」

【伝説】

 ドリュオペとイオレの姉妹が祭壇に捧げる花を水辺でつんでいました。そこで姉のドリュオペが可憐な蓮華草を見つけ手折ったところ、その花から血が垂れた。この花はニンフで、悪い男から身を守るために花に姿を変えていたのでした。
 驚いた姉が立ち去ろうとすると、足は既に根になっていた。「花はみな女神が姿を変えたものだから、もう摘まないで」といって命を終えた。
(ギリシャ)

似ている花
赤詰草 カラスノエンドウ

□■□■□■□■□□■□■□■□■□
BlogPaint


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

りゅうのうぎく(竜脳菊)

BlogPaint


学名 Chrysanthemum makinoi
キク科 多年草 高さ:40~80cm 花期:10~11月

花言葉  
誕生花  
由来    茎や葉に「龍脳」という香料に似た香りがあることから。

野菊のひとつ
茎は細くて斜めにのびる。
葉は、長さ4~8cm、曲線的に3裂する。
茎頂に1個の花をつける。経は3~5cmほど、白い丸みを帯びた花弁(舌状花)。
【薬草】乾燥させて風呂に入れ、冷え症・腰痛・リュウマチに用いる。

季語    秋 菊、白菊、野菊
RIMG1048
RIMG1048 posted by (C)花信風
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿ 

 

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

ありがとうございます

                       

竜胆(りんどう)
別名 ささりんどう りゅうたん、(竜の肝草)たつのいぐさ 英名:gentian

208c0b33.jpg


学名:Gentiana scabra Bunge
リンドウ科 多年草  草丈:30~60cm  花期:9~11月  原産:日本 中国 インド

花言葉  悲しみにくれるあなた、正義
誕生花  
由来    漢名の「竜胆」から。乾燥させた根が健医薬の原料。
       「熊の胆」より苦いということで「竜の胆」と名づけられた。
       葉が笹のようなので ささりんどう

茎先に紫色の筒状花を上向きに咲く。花びらは星形に5裂。
日の当たるときに咲き、夜には閉じる。

世界に400種。
岩手県は有名な生産地。

【薬草】 根は健胃、殺菌、強壮剤となる。
古名に、苦菜(にがな)、山彦菜、疫草(えやみぐさ)、


新・秋の七草
昭和55年 植物学者 本田正次、篠遠喜人らが選んだ七草

・りんどうは、枝ざしなどもむつかしいけれど、こと花どものみ霜枯れたるに、いとはなやかなる色あひにてさし出たる  (枕草子)

・我が宿の 花ふみしだく とりうたん 野はなければ やここにしもくる (古今集)

たましひの深むらさきに咲きいづる寒けき谷のりんだうの花  大田水穂

♪リンリン リンドウはコムラサキ ・・・♪

季語    
          雨ためて 竜胆花を覆す       前田普羅
           竜胆の 日を失いし 濃紫      山口誓子
           山の日の片頬にあつき 濃竜胆   富安風生
           りんどうや枯葉がちなる花咲きぬ  蕪  村 

【伝説】
  昔、役の小角(えんのおづぬ)という行者が、日光の山奥を歩いていると、一匹のうさぎが雪の中から草の根を掘り出してなめているという光景に出会いました。
不思議に思ってたずねると、「主人が病気なので、この薬を探しているのだ」とこたえて立ち去りました。
小角がこの草の根を試してみると、たしかに病気に良く効きます。
これはウサギに化身した二荒神のお告げと信じ、薬草として用いたという。
(二荒縁起)
 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□
スライドショー



✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿ 

 

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

ありがとうございます

                       

このページのトップヘ