花信風 季節からのたより

季節と花を追いかけて。花の名前や由来、伝説・・・・を集めています。 過去記事は、加筆などして日付を移動させたりしています。

カテゴリ:季節の華

PA306501

 

きぶし(木五倍子)

キブシ科

早春に 黄色い小花を房状に咲かせます。

秋は真っ赤に紅葉します。


PA306500

10月30日





□■□■□■□■□□■□■□■□■□



✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


 

のいばら(野茨)

バラ科


BlogPaint

10月30日

野茨の実が赤くなっていました。
葉はまだあおあおしています。



PA306506

2016年より 実りが良いように感じました。

水辺を好む傾向もあるそうです。



PB046755

11月4日

まだ実はたくさん残っていました。

秋の季語 

懸命に赤くならむと茨の実  右城碁石



□■□■□■□■□□■□■□■□■□



✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

11月の華

PB221515


こぶくざくら(子福桜)


晩秋から冬に咲く桜です。(春にも咲きます。)

白い八重桜

ひとつの花に実が二つ出来るので名付けられたという。


PB221513


2016年は花数が多くて 華やかさを出しています。


バラ科

PA306509
2017.10.30

まだ、葉が残っていますが、咲き始めました。


PB096844
2017.11.9

日差しに木が光っています。


 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

PA126191

みずひき(水引)
水引草

タデ科 高さ60~90cm


草ないのが正式名なのですが、
のしに付ける水引と区別するために水引草と呼ぶこともあるそうです。

のし袋についている 飾りの赤や金銀の紙紐のことを水引というのです。


PA126187

10月12日

なかなかピンとが合わなくて撮れないことが多かったのですが
2017年はなぜかなんとか撮れました。

PA126189

ここでは
白と赤 両方見えることができました。



【秋の季語】 水引の花、水引草

  水引の花の人目を避くる紅 後藤比奈夫


□■□■□■□■□□■□■□■□■□



✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

PA306547
10月30日
 

つわぶき(石蕗)

石蕗の花が咲き始めました。


PB026639
11月2日


石蕗の花を見ると秋も終わりに近いと感じます。


BlogPaint

11月4日



BlogPaint

11月9日 神社の境内で

石の上に咲く姿が似合っているように見えるのは

やはり石蕗という名前のせいでしょうか。


石蕗のページもよろしく


□■□■□■□■□□■□■□■□■□



✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


11月の華

PB030982

おとめつばき(乙女椿)

ツバキ科 高さ:2m
花期:2~4月

千重咲き

BlogPaint
2017.10.30

ここの乙女椿には、毎年一、二輪 

おませさんがいるんです。

色はさらに淡いです。

【季語】 狂い咲き 返り花 忘れ花 冬


 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

十月の華

PA024766

くこ(枸杞)


枝は細く長く垂れ 風に揺れる風情が好みです。
紫色の花は 1cmくらい ぽつぽつと咲きます。

トゲがあるので生垣にもされる。

枸杞の実はドライフルーツや薬膳粥の具にも用いられます。
杏仁豆腐についている赤い実です。

ほか生薬としても用いられるそうです。



PA024767

クコの実

花と同時期に熟した実を見ることが出来るんです
ちょっと不思議ですよね

P9295914
2017.09.29


ナス科 落葉低木
原産 東アジア


PA126181
2017.10.12


【季語】 枸杞の実:秋  枸杞の花 :春
          枸杞垣の赤き実に住む小家かな  村上鬼城



 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


十月の華

PA024761

きんもくせい(金木犀)


10月になるころ 葉腋に香りの高い小花を多数つけます。
ダイダイ色の花はきんもくせい、白い花は銀木犀と呼ばれます。

枝が多く葉も密に茂るので、開花に気づかず通り過ぎるようとすると
香りで開花を知らせます。

公園やマンションの植え込みに植えられることが増え
とても身近な花になりました。


PA024760


モクセイ科 常緑小高木
原産 中国


PA126119
2017年10月12日



【季語】 秋
          浴後また木犀の香を浴びにけり  相生垣瓜人
          木犀の匂の中ですれ違ふ      後藤比奈夫


 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


8月の華

P8025322

ふよう(芙蓉)

芙蓉は初秋の花です。

朝に開き、夕にはしぼむ。

美人薄命なのです 



枝ぶりの日ごとにかはる芙蓉かな  芭蕉
日を帯びて芙蓉かたぶく恨みかな  蕪村
半橋の小さく見ゆる芙蓉かな   夏目漱石
物かげに芙蓉は花をしまいたる    虚子
おもかげのうするる芙蓉ひらきけり 安住 敦

美人は人気なのでした。


芙容の花を見ると 思い浮かぶのが
さだまさしさんの ♪追伸♪




アオイ科 落葉低木






 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

7月の華

P7025036

こえびそう(小海老草)
別名 ベロペロネ
英名 シュリンプ・プラント

エビに似ていますよね。

このエビに似ている部分は苞(ほう)で、

花は、白く下がっている部分です。


P7025037


初めて見たのは 冬の”夢の島熱帯植物館”でした。

その後、鉢植えで咲いているのをあちこちで見かけるようになりました。

これは 小学校の花壇で咲いていたものです。

この日は、都議選の投票日でした。


P7025035

原産 メキシコ
キツネノマゴ科


 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿㋐✿㋷✿㋕✿㋣✿㋒✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

このページのトップヘ