花信風 季節からのたより

季節と花を追いかけて。花の名前や由来、伝説・・・・を集めています。 過去記事は、加筆などして日付を移動させたりしています。

カテゴリ:季節の華 > 6月の華



6月の華

P6034630

ざくろ(柘榴・石榴)



路地の鉢植えの石榴に花が咲いていました。

高さは1メートルほどで、花も小ぶりですが朱色が鮮やかです。

筒状の萼も赤く、梅雨時に鮮烈です。



歩いていたら、遠くから大きな音がします。

音のする方に行ってみると、

昔からあった、八百屋さんがなくなり、

新たにマンションが建つ基礎工事の音でした。



私が子どもの時、この八百屋さんのお姉さんが日本髪をゆった姿を見たことがあります。

成人式だったのかしらね~。 遠い記憶です。


ミソハギ科 落葉小高木 原産:中国


【夏の季語】 石榴の花 花石榴
          柘榴咲く市井にかくれ棲みにけり  高橋淡路女
          花石榴三和土に濡れし傘倒れ    加畑吉生

 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

六月の華
P6254396


おしろいばな(白粉花)
別名 夕化粧(ゆうげしょう) 英名 Four o'clock

夕方 買い物帰り
フワッと香るのは
真っ白な白粉花でした。
名の通り 夕方に開き 白粉の香りがします。

P6254397



開いたばかりで 真っ白です

花びらにみえるのは 実は萼です。



P6254399


萼の基部は緑色で膨らんでいます。
ここにできる種は黒く熟し 割ると白い胚乳があり
これがオシロイのようなのです。

【季語】 秋 
          白粉の花ぬって見る娘かな  一茶


 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

六月の華

P6194363


やぶかんぞう(藪萱草)
別名 忘れ草 

ユリに似ていますが、ススキノキ科もしくはキスゲ亜科です。
名の通り、木陰が好きみたい

1mに伸び 花は橙色の八重咲き
根は生薬になるそうな、でも良く聞く甘草とは別なんですって
若い葉は食用になるとか

若葉が心配事を忘れさせるほど 美味しいから説
花の時期が短いので 忘れ草となった説
私は、後者の説を推します
花も2日ほどしか咲いていませんし
一斉に咲いて終わる気がします。
そしてその後は藪に戻ってしまう。



P6194364


夕菅、日光黄菅の仲間ですが
藪萱草のほうが身近だったようで
万葉集にも詠まれています。

忘れ草わが下紐に着けたれど醜(しこ)の醜草言にしありけり
大友家持

苦しい恋心 少しでも忘れようと 忘れ草をつけてみたけれど
名前ばかりの草め 恋しさを忘れられない


BlogPaint


季語 夏 萱草の花 花萱草 忘草
          萱草の夕花明かり熊野川  森澄雄

 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

六月の華
P6194370

ざくろ(柘榴)膨らむ

咲きそろった花を見た 2週間後
花の付け根が膨らんできていました。

花数に比べて実を結んだものは数個と少ないです。




P6194369




 

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

六月の華

P6194358


がくのはな(額の花)
別名 額紫陽花




P6194359

この小さい花が 本当の花

ほら 雄しべが伸びています。


ドイツ人医師シーボルトが 日本での妻・おたきの名を付け「オタクサ」と紹介した話は有名です。

紫陽花で有名なお寺は数々もありますが
ネットで見てみても 額の花は少ないですね。




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

六月の華

P6154337


ききょう(桔梗)

天神様のお庭
岩陰に咲く桔梗
通りかかったスズメ
風流でしょう 


P6154338

草丈が低いので 泥を被っています。



6月撮影

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

六月の華

P6194352


はんげしょう(半夏生・半化粧)
別名 片白草(かたしろぐさ)


穂状の花のすぐそばの葉が白くなり
ここに花があると 知らせているようです。



P6194355


暦の24節気に「半夏生ず」というのがあり
その頃に咲くので、半夏生という説
葉の一部が白くなるので半化粧 という説があります
私は半化粧説を推します。

半夏生ずの半夏はカラスビシャクという有毒植物のことだそです。


P6194356





 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

六月の華

P6114321


なつあざみ(夏薊)

夏に咲く薊のこと
夏薊という植物はありません。


P6114322

蕾をたくさんつけています。遅れて咲く薊ではなく
 これから盛りを迎える薊です。

この薊 150cmほどにものびる大きなもので
刺も大きくて鋭いです

季語 夏
          熊野路の塵もとどめぬ夏薊 小泉八重子


 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

六月の華

P6114319


へらおおばこ(箆大葉子)


土手に生える雑草ですが
原産はヨーロッパで
江戸時代に侵入した

詰草と一緒にきたのかもね




P6114320

飛び出している白い物は 雄しべです
オオバコの仲間ですが 草丈は30~50cmあります。




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

六月の華


P6114317

あかつめくさ(赤詰草)
別名 紫詰草


土手で咲きはじめた赤詰草

白詰草より 草丈も高く 花も大きい


P6114318


葉にV字の斑が入っています。


つめくさ 爪草だと思っていました。

なんででしょう 音の響きでイメージしたのかな  




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

このページのトップヘ