花信風 季節からのたより

季節と花を追いかけて。花の名前や由来、伝説・・・・を集めています。 過去記事は、加筆などして日付を移動させたりしています。

タグ:カエデ科


11月の華

PB121193

みつばかえで(三葉楓)
別名 三手楓(みつでかえで) 目薬の木

カエデ科 落葉高木

三枚の複葉で落葉します
葉は私の手より大きい
葉の柄は赤いです。長さ20cmくらい。


PB121191

画像右の黄葉がミツバカエデです



PB121192



京都には三葉楓の有名なお寺があるそうです。


次は落ち葉を撮りにいきます。




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

四月の華

BlogPaint


楓の花(かえでのはな)


楓は花も赤いんです

花が葉の下に下がる種類と 花が葉上に出る種類があるようです


P4103648

1cmに満たない小さい花ですが

寄ってみると 雄しべ?がしっかり見えます



P4103649


花が咲けば 実もできます

次回をお楽しみあれ




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

四月の華

BlogPaint


たむけやま(手向山)

別名:紅垂れ


春に紅葉している種類を「紅垂れ」といいます。

楓の園芸種です。



葉先が長くギザギザしています。


BlogPaint


赤い新葉





BlogPaint


赤い花




このたびは 幣も取りあへず 手向(たむけ)山 紅葉の錦 神のまにまに

菅原道真 古今集 (百人一首)

今回の旅では神へ捧げる幣(ぬさ)を用意出来なかった。 でも、
この手向山の美しい紅葉を捧げるるのでお受け取りください。

幣:道中の安全を祈願する時に使う、布や紙などと小さく切ったもの。


手向山というところは紅葉が綺麗だったのですね。

語源はこのあたりでしょうか。




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


BlogPaint

いろはかえで(楓)
別名 イロハモミジ

学名Acer palmatum アケル パルマツム
カエデ科 落葉樹 高さ:10~15m 花:4~5月 原産:日本、中国、朝鮮半島

花言葉  思慮深い
誕生花   
由来    葉の切れ目が「いろはにほへと」と数えたことに由来。
       学名のAcer はラテン語の「するどい」の意。  palmatum は「手のひら状の」の意。
       モミジは色を揉み出すように色づくことから「もみず木」が語源といわれています。
       カエデは蛙の手の意味です。

葉は対生。5~7に切れこみ、縁にギザギザがある。
花は鳩ほど同時に開く。紅色のガクに緑色で花序にいくつもつけ、垂れ下がる。
花弁(はなびら)は5枚。
果実は2枚の翼を持つ。楓の仲間はどれも、薄い翼を広げた実を2個ずつペアでつ作ります。
実は熟して乾くと一個ずつ、くるくる周りながら風で飛びます。

紅葉が始まるのは最低気温が6~7度になる頃だそうです。

カエデとは葉の形が蛙の前足(手)のようだからともいわれています。
中国ではカエデのことは「槭(せき)」といい、「楓」とは異種だそうです。  

                     
BlogPaint



【万葉集】2首
吾が屋戸に黄変(もみ)づかへるで見るごとに 妹をかけつつ恋ひ(い)ぬる日は無し
  大伴田村大嬢(おおとものたむらおおいらつめ)第8巻1623

月ばかりのわかかへで、すべて万の花 ・紅葉にもまさりてめでたきものなり」
  吉田兼好『徒然草』

やまびこの相とよむまで妻恋に鹿鳴く山辺にひとりのみして 大伴家持
奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の声聞くときぞ秋は悲しき     蝉丸太夫


花札の紅葉には鹿。鹿の求愛の季節は秋。

季語    【春】楓の芽 楓の花 【夏】楓若葉 青楓 【秋】楓 【冬】冬紅葉


 トウカエデ タムケヤマ

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

スライドショー



✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿ 

 

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

ありがとうございます

このページのトップヘ