花信風 季節からのたより

季節と花を追いかけて。花の名前や由来、伝説・・・・を集めています。 過去記事は、加筆などして日付を移動させたりしています。

タグ:キツネノマゴ科

7月の華

P7025036

こえびそう(小海老草)
別名 ベロペロネ
英名 シュリンプ・プラント

エビに似ていますよね。

このエビに似ている部分は苞(ほう)で、

花は、白く下がっている部分です。


P7025037


初めて見たのは 冬の”夢の島熱帯植物館”でした。

その後、鉢植えで咲いているのをあちこちで見かけるようになりました。

これは 小学校の花壇で咲いていたものです。

この日は、都議選の投票日でした。


P7025035

原産 メキシコ
キツネノマゴ科


 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿㋐✿㋷✿㋕✿㋣✿㋒✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

九月の華

RIMG1612


きつねのまご(狐の孫)

小さい小さい花なので 特に見る人もいないようですが
科名にキツネノマゴ科と出てくるので 名前だけは知られています。
なぜ科名として選ばれたのでしょう?
そのうち調べてみましょう。

花のついている花序が狐の尻尾に似ていることに由来すると
言われているようです。


狐のエリマキ たしかにフサフサしていましたよね
最近では毛皮は見かけなくなりました。
テレビの中の叶姉妹くらいでしょうか





 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


BlogPaint

パキスタキス ルテア
別名 うこんさんご(鬱金珊瑚)
英名 ゴールデンキャンドル(golden candle)

学名Pachystachys lutea
キツネノマゴ科 多年草 草丈:90~120cm 花:5~11月 原産:中南米

花言葉
  
誕生花  
由来    Pachystachys はギリシャ語のpachys(太い)とstachys(穂)の意。
       lutea は「黄色の」の意。

主に温室で見かける花。
葉は長い楕円形で、対生(向かい合って生える)
茎先に黄色い苞に白い舌状の花が垂れ下がるようにつく。
苞は花ない時期にも残る。


季語    冬:温室 室咲き 
          紅唇の濡るるがごとく室の花 富安風生



□■□■□■□■□□■□■□■□■□



✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

このページのトップヘ