花信風 季節からのたより

季節と花を追いかけて。花の名前や由来、伝説・・・・を集めています。 過去記事は、加筆などして日付を移動させたりしています。

タグ:キンポウゲ科


12月の華

PC041728


せんにんそう(仙人草)

名前の由来のヒゲです。


仙人というと 小夜は久米仙人が 川で洗濯する女性の裾をめくった足に見とれて

神通力を失った。という話を思い出しますが、

アニメの亀仙人のほうが知られているかもしれませんね




PC041729




仙人草




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


11月の華

PB131250

しゅうめいぎく(秋明菊)
別名 貴船菊(きぶねぎく)


ここの秋明菊も昨年よりずっと数が増えています。

ありがとうございます。


葉の茎の先端から 花柄を長く伸ばしてひとつの花をつけます。

同じ方向を見ています。そちらは南ですね

京都の貴船に多く咲いていたから貴船菊。
でも、それは花びらがもっと細いのだそうです。



PB131249


こうしてみるとアネモネににています。


菊とつきますが、キク科ではなく

アネモネと同じキンポウゲ科です。


PB131248

キンポウゲ科 多年草

花びらに見えるのは萼片なんですって。


 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

十月の華

PA290804

しゅうめいぎく(秋明菊)
別名 貴船菊(きぶねぎく)

菊とありますが、キク科ではなく、キンポウゲ科です。
たしかに、花はアネモネに似ています。

赤紫の種類は花弁の多い花で、
京都の貴船に多く咲いていたことから
貴船菊と呼ばれたのだそうです。

花弁が少なかったり、白い種類は交配種だそうです。




PA160624

10月初め 蕾

細い茎の先にひとつ咲かせます。



PA290802

キンポウゲ科 多年草 草丈 1m
原産 中国
古い時代に渡来




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


八月の華

RIMG0103

せんにんそう(仙人草)

8月下旬の夜

仙人草の白い花

花が夜でも咲いているのは当たり前のことなんでしょうが

夜に花を見る機会が少ないには とても神秘的に感じました。


キンポウゲ科 つる性の多年草





 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

六月の華

P6044218


かざぐるま(風車)の痩果(そうか)


生花の材として見たことがあります。

花のころはこんな感じでした

P4293798








BlogPaint


は花よりも この実に 魅力を感じます。




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

五月の華

P5294179


せいようおだまき(西洋苧環)


紫色と黄色 補色関係の色ですね



P5294180


紫色と白色の苧環も咲いていました。

黄色いシベが目立ちます。


P5294181

蕾もいくつもあります。

もうしばらく 楽しめそうです。


この蕾の形何かに似ている・・・・

イカ、タコ




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

五月の華

P5164033


おだまき(苧環)

別名 糸繰り車(いとくりそう)



紫色と黄色の苧環 

ヨーロッパ原産の西洋苧環です



P5164034


後ろに伸びた 距(きょ)と呼ばれる部分が特徴です。


苧環というと 思い出すのが

「しずやしず しずのおだまき 繰り返し 昔を今に なすよしもがな」

源義経が愛した・静御前が詠んだ歌です。

鎌倉に呼び出され、頼朝の前で舞ったと伝わります。

この時、静御前は身ごもっていました。

絶体絶命の時、政子に助けられたと伝わります。

お腹の子と静御前のその後は わかっていません。

 

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

四月の華

P4293798


かざぐるま(風車)



日本にも自生しているそうですが、準絶滅危惧種になっています。

花びらは7~8枚

風車がヨーロッパに渡り 品種改良でクレマチスとなったとかです。

花びらが6枚のテッセンは中国原産。

花びらに見えるのは萼片です。


P4293797


2016.4.29 撮影




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

すはまそう(州浜草)
別名 雪割草(ゆきわりそう)


suhama
2013.3.9

緑色の葉は雪の下です。
洲浜草の葉は、下中央の茶色の葉です。

suhama2

suhama3



キンポウゲ科 ミスミソウ属 多年草 原産地:日本 草丈:5~10センチ 花期 2~3月 

 

花言葉  
誕生花   
由来   葉が三つに裂け、葉先に丸みがあり。葉の形が州浜に似ているから。
州浜;州浜を上から見下ろしたような形。曲線の輪郭に出入りのある形。

花弁のように見えるのは萼片で、白、紫、ピンク色などがある。
ミスミソウの変種で、園芸界では雪割草と呼んでいる。
本物の雪割草は高山植物で、サクラソウ科だそうです。


季語   春 

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿ 

 

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

ありがとうございます

せつぶんそう(節分草)
 

せつぶんそう



学名 Eranthis pinnatifida
キンポウゲ科 草丈:10cm 花期:2~3月 原産:日本


花言葉  気品、微笑み、人間嫌い
誕生花  
由来    旧暦の節分の頃に咲くのでこの名がある。
                Eranthis(エランシス)は、ギリシャ語で「春の花」の意味。

白い花びらに見えるのはがく片で、黄色く見えるのが本当の花びら。
早春のわずかな時期だけ姿を現し、あっという間に花を咲かせて実を結び、再び地中へもぐってしまう。
準絶滅危惧種


季語    春

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

02


01


BlogPaint

2015年2月22日

♦♥♦―――――♦♥♦

P2133207

2016.2.13






✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿ 

 

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

ありがとうございます

                       

このページのトップヘ