花信風 季節からのたより

季節と花を追いかけて。花の名前や由来、伝説・・・・を集めています。 過去記事は、加筆などして日付を移動させたりしています。

タグ:ツバキ科


11月の華

PB030982

おとめつばき(乙女椿)

ツバキ科 高さ:2m
花期:2~4月

千重咲き

BlogPaint
2017.10.30

ここの乙女椿には、毎年一、二輪 

おませさんがいるんです。

色はさらに淡いです。

【季語】 狂い咲き 返り花 忘れ花 冬


 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

1月の華

P1072246


たちかんつばき(立寒椿)


「寒椿」という山茶花がありますが、

「立寒椿」は枝が上に伸びる種類で区別されています。


この木で3メートルほどはありました。



P1072247


ツバキ科
花期:12~2月
花びらがハラハラと散ります。




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


11月の華

PB221481

さざんか(山茶花)

山茶花の園芸種

透き通る花びらが 雪のようです


PB221480


雪のように撮れているでしょうか



PB221482



寒い中に咲く それだけで尊敬したくなる 小夜です。




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


11月の華

PB121195

ちゃのき(茶の木)の花

飲むお茶の花です。

お天気の良い日

白い花が輝いています。

前日の雨に洗われて一段ときれいでした。


PB121196

11月中旬

白い丸い蕾みも可愛らしい
花は俯いて咲きます。


ツバキ科 常緑樹

茶畑ではどんな風景なんでしょうO0○・・・




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


十月の華

PA290861

さざんか(山茶花)

漢名では、ツバキを「山茶 さんちゃ」 サザンカを「山梅 さばい」という。

いろいろ転じて「山茶花 サザンカ」になりましたとさ。

椿は花全体で落ちますが、山茶花は花びらが散ります。

花の少ない冬に咲き、散りぎわの佇まいが好まれます。



PA290860

ツバキ科 常緑樹
原産 日本 九州に自生種がある。

江戸中期から品種改良が盛んになった。
野生のものは白い一重の花。

【季語】 冬
          山茶花のここを書斎と定めたり   正岡子規
          山茶花の長き盛のはじまりぬ    富安風生


 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


十月の華

PA160647

さざんか(山茶花)
別名 茶梅(さざんか)、姫椿(ひめつばき)

山茶花の花が咲き始めました。
木枯らしも近いかもしれませんね。

PA160640

童謡「たきび」

さざんか さざんか 咲いた道 
たきびだ たきびだ おちばたき

PA160646



【季語】 冬
          女家族は紙屑多し山茶花散る  中村草田男


 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


十月の華

PA160628

ちゃのき(茶の木)

茶摘みのお茶の花です。
3cmくらいの白い花が 下向きに開きます。
良い香りがします。
2cmくらいの硬い実を付けます。
こういうところも椿に似ています。

まあるく剪定されていいることが多いですが
放って置くと2mくらいまで伸びるそうです。


PA024794

10月2日に開いている花を見つけました。


ツバキ科 常緑
原産 温帯アジア

鎌倉時代に栽培と茶の湯が始まった。
栄西展で、当時の茶の湯のようすが再現されていました。
お茶も薬として渡来したようです。


【季語】 茶の花:冬
          茶の花のつつめる蘂や山の雨  水原秋桜子
          

 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

十月の華

PA024770


もっこく(木斛)
別名 赤実の木(あかみのき)

1cmほどの赤い実に気づきました。
これは木斛という木の実です。

夏に花が咲き良い香りがするらしいのですが
気がつきませんでした。なぜ?
来年は注意しましょう。

実は熟すと割れて赤い種子を露出させるそうです。
これも みたいです
ただ小鳥が好きなようなのです。勝てるでしょうか。


材は床柱などに使われる
樹皮は茶色の染料になる。


ツバキ科 常緑高木

【季語】 木斛の花:夏


 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

BlogPaint



たろうかじゃ(太郎冠者)

別名は有楽(うらく)

織田信長の弟で茶人の有楽斎が好んだから と伝えれれている。



花盛り、ここ数年で一番の咲きっぷり


ワビスケ種の仲間だそうですが

ぜんぜん侘びしくありません。


BlogPaint





BlogPaint




 



□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます



椿 太郎冠者(つばき・たろうかじゃ)


BlogPaint



侘助(わびすけ)という種類です。

唐椿(とうつばき)の一種で、茶人が愛好した。

赤、淡紅 白、など。


BlogPaint


今年は元旦からこんなに開花していました。

やはり 早いですね。


BlogPaint



季語    椿は春の季語ですが、侘助は冬の季語なんです。

侘助や障子の内の話し声  高浜虚子


□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


このページのトップヘ