花信風 季節からのたより

季節と花を追いかけて。花の名前や由来、伝説・・・・を集めています。 過去記事は、加筆などして日付を移動させたりしています。

タグ:マツ科


四月の華


P4293795

松の花


先端の赤いのが雌花

できたばかりのようで 木苺みたいです。

下の方の茶色い部分が 雄しべ

熟すと花粉を飛ばし 雌花に運ぶ、風媒花です。

受粉して松ぼっくりになり、種ができます。一年半かかるんです。


P4293796

2016.4.29 撮影




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

 

若松


BlogPaint



迎春用に生けた若松と千両です


BlogPaint



青々とした常緑樹の松は、不老長寿の象徴とされてきました。

中でも若松は、これから伸びゆくことを表し、縁起がよい。

「まつ」は神を待つ、から来ているともいわれています。



季語    「松飾る」は冬の季語。「松飾り」は新年の季語。「松の内」「松納」新年の季語です。




□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

縁起のよい植物

BlogPaint


 

松(まつ)
別名 常磐草(ときわぐさ) 千代木(せんだいぼく) 貞木(ていぼく) 
英名pine 

学名Pinus
マツ科 常緑高木

花言葉
  不老長寿、勇敢
誕生花  
由来    

マツ科マツ属の総称 黒松 赤松 大王松、多行松 など
古来から心霊の宿る木とされてきました。
四季を通じて変わらぬ深い緑ゆえ、長寿、普遍、貞節の象徴。

建築、船舶、木工品、燃料など重要な材となります。
煙からは墨が作られます。
樹皮は絆創膏やシップ剤の原料となります。
蒸留するとテレピン油になります。
松葉にはビタミンCが豊富で高血圧や喘息の治療に用いられます。

【伝説】常陸の国の「連理の松」

昔、寒田郎(サムタノイラツコ)と安是嬢子(アゼノオミナ)という絶世の美男美女のカップルがあり、相思相愛の仲でした。
しかし、どちらも神に仕える身ゆえ、出会いは思うに任せません。
年一度だけ、若い男女が無礼講が許される「かがい」の夜に、思いが叶いました。
夢のようなひと時は矢のように過ぎ、東の空が明るくなってきました。
離れたくない二入は強く手を取り合い、立ち尽くすうちに、
「連理の松」になっていたということです。

 島根県高津の連理の松 画像ウィキペディア参照

【伝説】天女が舞い降りた 三保の松原の「羽衣松」

日蓮聖人袈裟掛けの松(東京・洗足池公園)
日蓮聖人が此処に袈裟をかけて 足を洗ったそうです。

袈裟松1江戸名所百景 千足池袈裟掛の松

 他にも親鸞上人袈裟掛けの松など


見越しの松:塀ぎわに植えて外を見おろすような形になっている松の木。


季語    新年:松飾り、門松、松の内、松明け 春:松の花、松の芯 
         夏:松葉散る 秋:松ぼっくり 冬:松飾る

          門松やひとりし聞くは夜の雨     一茶
          子を持たぬ身のつれづれや松の内 永井荷風


□■□■□■□■□□■□■□■□■□

スライドショー


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

このページのトップヘ