花信風 季節からのたより

季節と花を追いかけて。花の名前や由来、伝説・・・・を集めています。 過去記事は、加筆などして日付を移動させたりしています。

タグ:マメ科

BlogPaint


フジ(藤)                               

別名 野田藤(のだふじ)

学名 ウィスタリア フロリブンダ 
マメ科 つる性の落葉小高木  花期:4~5月  原産:日本

花言葉
 陶酔する恋、ようこそ美しき未知の人、佳客
誕生花  
由来  花が風に散る姿「風散」に由来しているそうです。
     ウィスタリアはウィスターという人の名前にちなんだもので、
     フロリブンダは「多花の」という意味です。
     野田藤の野田は大阪にあった、藤の名所です。

花序は30~90cm、上から紫の蝶形花を開く藤色から白色まで変異が多い。
花の香りも甘くあたりに漂う、ハチにご注意。
種は秋に結実。鞘はビロードのような手触り。

蔓の繊維が強く、古代から布を織ったり、篭を編んだりする。
籐椅子は憧れでもあります。


ノダフジとヤマフジがあり、ノダフジは時には花房が1mを越すほど長くなりツルは左巻き。
ヤマフジは花房が短く蔓は右巻き。庭園で藤棚になっているのはノダフジ。

                                 BlogPaint


「藤色」平安時代には花の名が,淡い青紫色の色名になっていた。
藤色の衣装を高い位の人にかぎったりした。 
藤紫・紅藤・濃藤 長く太く下がる紫色の花房は古くから日本人に愛された。
王朝貴族はこの花を気品のある美女にたとえ、源氏物語の藤壺のようにつけたりした。

家紋に好んで使われた。
 
影藤 水面に映る藤の花影を愛でる。
藤浪 なびくように揺れる花房への美称。


   BlogPaint



季語    晩春

    行く春の後ろを見せる藤の花    一茶
    くたびれて宿かるころや藤の花   芭蕉
    白藤や揺りやみしかばうすみどり 芝不器男

【伝説1】

 うららかな春の日のことでございます。
美しい娘とサルが手をとり合って山道を歩いておりました。
サルは娘の爺様の大根引きを手伝って、約束どおり娘を嫁にもらい有頂天。
 それは藤の花の満開の頃のことでございました。
「男の子が生まれたら、名はなんとしよう」「サル殿の子ですから猿沢とつけましょう」。
「女の子が生まれたら、名はなんとしよう」「こんなに藤が花盛り、お藤とつけましょう」 。
娘は川岸の藤の花を指差して「あの花がきれい。ほしいわ。いえ、その先の・・となりの・・・」猿が枝の先へと進み、細い枝がしなります。
娘の荷物を背負った猿は、落ちて急流にザンブリ。
賢い娘は無事に家に逃げ帰ったとさ。

 【伝説2】
 昔、武甲山(ぶこうさん)に山姥(やまんば)が住み着き、里の人々を苦しめていました。
あるとき、行基菩薩が訪れて17日間の祈祷をしたところ、さすがの山姥も神通力を失いました。
 山姥は悔しさに「秩父の山から松と藤は絶えてしまえ」と叫んで姿を消しました。以後、秩父には松と藤が生えなくなったとか。
      

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

スライドショー

✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

くず ( 秋の七草

別名:裏見草・夏葛・葛藤根・久須架豆良   
英名:


kuzu01_1



・学名:Pueraria lobata
・マメ科  蔓性多年草   ・花期: 7~8月  ・原産:日本、中国


kuzu03_1


花言葉  治癒
誕生花  
由 来 くずかずら→くずになった。かずらは蔓性の意。
吉野郡国栖(くず)村で、根から採った葛粉を地名にあやかって「吉野葛」の名で売り出して有名になった。
葉の裏は白いので「裏見葛」。転じて「恨み草」

大きな葉は3枚複葉 裏が白い。夜はたたんで眠る。
初夏の頃玉状の新葉を伸ばす。
夏の終わりごろ 葉の間から赤紫色の10cmほどの花柄を出し蝶形の花をつける。
葉に隠れるように咲く花を「裏見の花」怨みに通じるといわれる。
ほんのり甘い香がする。
人里に近くに茂る。

生育旺盛で谷や崖を覆い尽くす。一年で1400m伸びた記録があるという。
黄河流域の緑化に葛が植えられているという。アメリカではカバープランツとして利用されている。

kuzu04_1


根は食用となり、葛湯、葛餅、葛まんじゅう。

【薬用】根を干した「葛根湯」は解熱剤。
若菜や花は飢饉の際の救荒食糧であった。

古代には葛の皮の繊維を織って衣料にした。
蔓は縄やカゴの材料にした。

kuzu05_1



・万葉集には18首。花を詠んだのは秋の七草にある1首のみ。
 ハギの花 尾花葛花ナデシコの花 女郎花また藤袴朝貌の花  


 をみなえし生うる沢辺の真田葛(まくず)原 何時かも繰りて我が衣に着む
    読み人知らず 巻7 1346
 真は美しさを強調。茎の繊維から布を下り衣服にしていた。 

 我がやどの葛葉日に異(け)に色づきぬ 来まさぬ君は何心そも
   巻10 2295

・秋風のふきうらがえす くずの葉の うらみても猶うらめしき哉


・葛の風に吹きかへされ裏のいと白く身揺るぞをかし   枕草子

 葛の花踏みしだかれて色あたらし。この山道を行きし人あり   折口信夫
 葛の花ここにも咲て人里のものの恋しき心おこらず        斉藤茂吉


・恋しくば、尋ね来て見よ和泉なる、信太の森のうらみ葛の葉・・・浄瑠璃「葛の葉」

・日本書紀 神武天皇が葛の繊維で土蜘蛛を退治した話がある。



季 語
 
【春】葛若葉 
          葛の若葉吹き切って行く嵐かな  暁台


【夏】玉巻く葛、葛切、葛餅など 
          葛切りの井のすずしさを掬うごとし 大野林火

【秋】葛、葛の葉、葛根掘る
          葛の葉の吹きしずまりて葛の花  正岡子規
          天狗風残らず葛の裏葉哉     蕪村 

【冬】葛湯、枯れる葛
          

      
      


BlogPaint
ありがとうございます
                 

 □■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ



九月の華

RIMG1610

はぎ(萩)

草冠に秋と書いて「はぎ」
古来より秋を代表する花だったのです。

萩に黄色い蝶がやってきました。
花札では、といえば です。


RIMG1609

葉に残る雨の雫
秋の風情

RIMG1608

滝のようです。


【季語】  秋   
          萩の雨傘さして庭一廻り  中村吉右衛門


こぼれ萩 乱れ萩 萩日和 
          


 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


九月の華


RIMG1597

ぬすびとはぎ(盗人萩)


この実の形が盗人の足跡に似ているから説。
忍び足で歩いたらこんな足跡になるのでしょうか。

この実は衣服にくっつきやすい性質をもっているので
盗人の気づかないうちに、服にくっつくから、という説もあるようです。

実の長さは1cmないくらいです。
花も小さくめだちません。


 

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


七月の華

P7240312

せんだいはぎ(先代萩)の実

萩はマメ科だと はっきりわかりますね。

5月に咲く夏萩で
黄色い花が咲きます。




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

七月の華

P7100136


あかつめくさ(赤詰草)
別名 紫詰草(むらさきつめくさ)


6月の散歩では またポツポツとしか咲いていませんでしたが
この一角を覆うほどに咲いていました。

シロツメクサのように密集しては咲かないようです。


P7100134




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

六月の華


P6114317

あかつめくさ(赤詰草)
別名 紫詰草


土手で咲きはじめた赤詰草

白詰草より 草丈も高く 花も大きい


P6114318


葉にV字の斑が入っています。


つめくさ 爪草だと思っていました。

なんででしょう 音の響きでイメージしたのかな  




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

六月の華

P6044258


きはぎ(木萩)


花色がクリーム色と紫なので

キハギは黄萩 だと思っていました。


BlogPaint



枝垂れません



BlogPaint



原産 日本、中国 朝鮮半島




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

六月の華

P5284134


にわふじ(庭藤)


池のほとりに 立って咲いていました。



BlogPaint


こうして見ると

藤によく似ていますね。

葉も似ています。


P5284136


原産 日本




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

五月の華


P5284146

くらら(眩草)

別名 草槐 (草槐) 苦参(くじん)


クララと聞くとアルプスの少女ハイジを連想します。

CMのおかげで忘れることはありませんでした。

でもこの名は 値を噛むとクラクラするほど苦いからだそうです。


根には、消炎、鎮痛作用がある。

苦参(くじん)とは生薬名。



日当たりのよい草原を好む

自生地は減っているそうです。




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

このページのトップヘ