花信風 季節からのたより

季節と花を追いかけて。花の名前や由来、伝説・・・・を集めています。 過去記事は、加筆などして日付を移動させたりしています。

タグ:二十四節気

小暑(しょうしょ)
太陽黄経 105°  7月7日ころ

yjimage

 この日から暑中に入る。このころには梅雨の終わる頃で、暑さが加わる時期。
暑中見舞いはこの日から立秋の前日まで。過ぎたら残暑見舞いとなる。
酔を楽しむ行事が行われる。七夕祭り:阿佐ヶ谷 平塚


集中豪雨
気象用語で、比較的短時間に、局地的に多量に降る強い雨のこと。
小暑から梅雨の終わり頃にかけてよく降る。

ほおずき市
7月9日と10日は、東京浅草寺の「四万六千日」の縁日にあたり、ほおずきの市が立ちます。この日にお参りすると、四万六千日参拝したのとおなじ功徳があるとされています。

large




小暑の頃の花

蓮0729-1




CIMG5512


百合


PHOTO018

露草

P6261085

ヤブカンゾウ

P7071222

オニユリ


季語
 【夏】
               
          



□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿ 

 

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

ありがとうございます

二十四節気 芒種(ぼうしゅ)
太陽黄経75°  6月6日ころ


芒種-麦の穂

麦秋 麦の熟したこと、またその頃の季節をいいます。夏の季語です。

深山路を出抜けて明けし麦の秋  炭太祇


 稲などの芒(のぎ)をもつ穀物の種を蒔く時期。
稲は田植えをする頃であり、麦は刈り取りの時期を迎えます。
蛍が現れ始める。


お米を主食にしてきた日本にとって「田植え」は大切な日です。
最近は品種改良され 田植えは早まっているそうです。
天皇陛下による御田植は5月20日でした。



BlogPaint




早乙女(さおとめ)
 稲の苗を水田に植えつける女性をいう。古くは中世の和歌にみえているが,植女 (うえめ) とも呼んだ。日本の古くからの稲作は,稲の生育を保証する田の神信仰と密接な関係があった。特に田植えには特定の水田に祭場を設けて田の神を迎え,その前で作業を行うことから,一種の神聖な祭儀であったといえる。
苗字にもありますが、なにか関係があるかもしれませんね。


男という漢字は、田と力。こちらも何か関係ありそうですね


芒種の頃の花

BlogPaint

ホタルブクロ 



BlogPaint

紫陽花



田一枚植えて立ち去る柳かな  松尾芭蕉


季語
 【夏】
               
          



□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿ 

 

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

ありがとうございます


立夏(りっか)
太陽黄経45°  5月5日ころ


BlogPaint


 暦の上ではこの日から立秋の前日までを夏とします。
木々が若葉し、1年中で最も快い時期です。
南北に長い日本列島。このころは北海道では桜が満開になります。
関西以西ではすっかり夏模様となり、新緑の若葉、すがすがしい風が吹き、陽光に
真の到来を実感します。

すがすがしい空気に油断して日光に当り過ぎると、日焼けをしてしまいます。
日中は半袖を着ることが多くなってきます。
スーパークールビズ:ノージャケット、ノーネクタイで通勤がOKになりました。
制服の衣替えといえばは6月でしたが、最近では5月からになりましたね。


BlogPaint



春すぎて夏来にけらし 白妙の衣干すてふ 天の香具山
持統天皇 万葉集

いつのまにか春が過ぎて、夏か来たらしい。
天の香具山には、夏の衣が干されているわ。 

立夏の頃の花

P4260187

柑橘の花

P5064149

谷空木

P5064128

都忘れ


P5194384

ユリノキ


季語
 【夏】
          さざなみの絹吹くごとく夏来る    山口青邨
          プラタナス夜もみどりなる夏は来ぬ 石田波郷
     
          



□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿ 

 

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

ありがとうございます

二十四節気 第5節 清明(せいめい) 太陽黄径 15゜ 4月4日か5日頃

P3259408




天地がすがすがしく明るい空気に満ちるという意味。

桜や草木の花が咲きはじめる。

日本は湿度が高くなり霞みがかかる。


桜 桜 霞みか雲か

夜は朧月となります。



入学式もこの頃に執り行われす。

電車、地下鉄で新社会人の姿も初々しいです。


木の芽和え 山椒を摘んで擂鉢ですって、イカや筍などをあわせたもの。




P4019557

カエデの新葉と花


P3269428

カタクリ



P3119192

鵯(ひよどり)





季語
 虚子忌(椿寿忌) 4月8日は俳人高浜虚子の忌日。(1874~1956)

          虚子忌たり椿に鵯のよく来る日 石田波郷
               
          



□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿ 

 

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

ありがとうございます


keichitsu003

啓蟄(けいちつ)

太陽黄径 345゜ 3月6日ころ

二十四節気の第三節
「蟄」は虫が土の中にこもることで、「啓」はひらくという意味。
冬ごもり中の虫たちが外に出てくる頃とされています。
花も咲き、虫達を待っています。

おおいぬのふぐり



北国でも福寿草が咲き始め、東京近郊にモンシロチョウが舞うのもこの頃です。
この頃にとどろく雷を「初雷」といい、春の季語です。
また「虫出し雷」といいます。雷が目覚まし時計の代わりなのでしょうか。

地中で冬眠していたヘビやカエルも出てきます。昔は、これらも虫の仲間に加えていました。
だから、ヘビは「蛇」、カエルは「蛙」と虫ヘンが付いています。


BlogPaint

2018年 アオサギがカエルを捕まえる場面に遭遇しました。



BlogPaint


啓蟄や日はふりそそぐ矢のごとく  高浜虚子

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿

 

ありがとうございます



 

                       

雨水(うすい)

太陽黄径 330゜ 2018年2月19日



二十四節気の第二節 立春の15日目。
雪が雨に変わり、根雪や氷が解けだしせせらぎになる。



P1238400





春の雨にありけるものを立ち隠り 妹が家路にこの日暮しつ

万葉集・詠み人知らず

春の雨なのに 雨宿りしてしていたので 
妻の家に行く途中で日が暮れてしまった。


雨水01

 
草木の芽が出始める。
農耕の準備はこの日が目安とされてきた。
「春一番」が吹き始めるのもこの頃。
春一番が吹くと、一気に春の訪れを感じるようになります。

でも、この時期は気候が不安定で、春一番が吹いた後でも冬に戻ったように寒い日が続きます。
「寒の戻り」といいます。
「三寒四温」寒い日が3日ほど続き、その後暖い日が4日続くという気候が繰り返されます。


土筆

土筆


 

関東地方など太平洋側ではこの頃に雪が降ります。




□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿

 

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

ありがとうございます

                       

立秋(りっしゅう)
太陽黄経 135°  8月7日ころ


P8031601

この日から暦の上では秋となります。
夏の土用明けで、まだまだ続く厳しい暑さを残暑といいます。
海には土用波が、山には涼風が吹きはじめる。
ひぐらしが鳴き始め、季節の変わりを感じる。

秋たつと 人にはつげねど知られけり み山の裾の風のけしきに

西行

秋来ぬと 目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかせぬる
藤原敏行



立秋の頃の花

みぞはぎ


みぞはぎ(溝萩、禊萩)



ムクゲ070630

木槿


季語
 【秋】
               
          秋たつや何におどろく陰陽師   与謝蕪村
          秋たつや川瀬にまじる風の音  飯田蛇笏



□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿ 

 

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

ありがとうございます

P7100120

二十四節気 白露(はくろ)
太陽黄経165° 

秋はいよいよ本格的になり、野の草には露が宿るようになります。
風がなく晴れた日の夜は、地上が冷えるため、次の朝美しい露の結晶が見られます。
「陰気ようやく重なり、露凝って白し」というところから名付けられました。
6月の夏至の頃に比べると、一時間近く日没が早くなってます。
日毎夜が長くなり、朝晩の気温が急激に下がる時季です。


 

季語    白露 【秋】
          草ごもる鳥の眼とあふ白露かな  鷲谷七菜子

 しらつゆに風の吹きしく秋の野は貫きとめぬ 玉ぞ散りける  文屋朝泰


2014年は9月8日で、名月と重なりました。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿ 

 

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

ありがとうございます

                       

処暑(しょしょ)
太陽黄経 150°  8月23日ころ

BlogPaint


暑さが収まり、秋の気配のする頃の意。
日が低くなり、西日がさして暑い。
この頃になると梨が膨らみ、稲が穂を垂れ、実りの秋は目前。
太平洋高気圧も弱くなり、台風が接近するようになります。




処暑の頃の花

BlogPaint

南蛮煙管(ナンバンギセル)


BlogPaint

サギ草


季語
 【秋】
         水平にながれて海へ処暑の雲  柿沼 茂
               
          



□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿ 

 

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

ありがとうございます

春分(しゅんぶん)

太陽黄径 0゜ 2014年は3月21日



二十四節気の第四節
太陽の中心が春分点に達した時。昼と夜の長さがほぼ等しくなります。
この日を中日として前後3日が彼岸。1948年「自然をたたえ、生物をいつくしむ」日として、国民の祝日に定められました。

しょっかさい



春分は、本格的な春の到来を告げる日と考えらています。
「暑さ寒さも彼岸まで」
昼の時間が長くなり、少しずつ暖かさが増していきます。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿

 


ありがとうございます



 

                       

このページのトップヘ