花信風 季節からのたより

季節と花を追いかけて。花の名前や由来、伝説・・・・を集めています。 過去記事は、加筆などして日付を移動させたりしています。

タグ:黄葉

12月の華

PC111838


2016年 最後の銀杏の黄葉

大通りの銀杏並木は散ってしまったのに

ここは 残っていました。

PC111837

氏神さんではありませんが

時々行くスーパーの近くなので

時々お参りに行く神社さん



イチョウの剪定が

まるでプードルみたいで 愛嬌があるでしょう 




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


12月の華

PC041743

くわ(桑)

桑の葉ってこんなにきれいに黄葉するんですね


ことしは特別かもしれません。

桑の葉は、蚕の餌として重要な作物です。

桑畑は地図記号にもあります。


叔母夫婦が、住宅を購入したとき、あたりは桑畑が広がっていました。

行くたびに桑畑は住宅にかわり、やがて畑はすっかりなくなりました。


くわばら くわばら
雷除けのおまじない。災難を避けるおまじない。

goo辞書によると
死後に雷神となったという菅原道真の領地桑原には落雷がなかったところからという。
また、雷神が農家の井戸に落ちて農夫にふたをされてしまったとき、雷神が「自分は桑の
木が嫌いなので、桑原と唱えたなら二度と落ちない」と誓った、という伝説によるともいう。




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


12月の華

PC041700

かしわ(柏)


傾いた日を浴びているのを

ビビッドに撮ってみました。

柏は 春の新葉が出てくるまで

風雪に耐え 木に残ります。

新芽を風雪から守るように


PC041767

真下から見るとこんな感じ

大きな葉の黄葉 迫力があります。





 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


12月の華

PC041688

横断歩道脇のイチョウの黄葉

この銀杏は葉っぱが大きい~

私の手ほどもあります。

そして切れ込みも深いV!


並んでいる葉は、小さいし切れ込みもありあせん。

今安易葉に違いがあるのって 珍しくないですか。

イチョウ 不思議ね




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


11月の華

PB221557

ゆりのき(百合樹)

上から下まで 黄色く染まった百合樹


PB221558


この実の中に
一翼の種が入っています。


PB221555あ

手前の濃い黄色が百合樹

明るい黄色は銀杏です。




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

11月の華

PB221500


いちょう(銀杏)


スカイツリーを望む公園で


シルエットでみると”いちょう!には
「鴨脚」の文字がピッタリですね 


PB221499

ベンチ

先客は やはり銀杏で

同じ銀杏でもこんなに大きさが違うんですね


PB221501


見上げると

見事に黄色一色です




 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


11月の華

PB221489

いちょう(銀杏・公孫樹・鴨脚)


見事なくらい黄色一色に染まるイチョウ

東京都のシンボルです


PB221491


ここ数年、水溜まりがあると 覗きたくなる小夜でございます。

 


PB221492



【季語】 銀杏黄葉(いちょうもみじ)
          黄葉して思慮深々と銀杏の木  鷹羽狩行

 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


11月の華

PB221494

はぎ(萩)の黄葉

萩の葉は明るい黄色になります。

秋の庭園は 明るいのです。



【季語】 黄葉(こうよう、もみじ)   
          病室の中まで黄葉してくるや  石田波郷  


 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

このページのトップヘ