花信風 季節からのたより

季節と花を追いかけて。花の名前や由来、伝説・・・・を集めています。 過去記事は、加筆などして日付を移動させたりしています。

タグ:11月


 BlogPaint


こだちダリア(木立ダリア)
別名 皇帝ダリア
         皇帝ダリアの方が知られています。よね。

学名Dahlia imperialis
キク科 多年草 高さ:2~6m 花期:11~12月 原産:メキシコ


花言葉
  華麗な振る舞い
誕生花  
由来    Dahlia はスウェーデンの植物学者「アンデルダース(AndreasDahl)」にちなむ。
        imperialis は「皇帝の」の意味。

高さ2~6mにもなり、茎は木質になりますが、草です。
葉は複葉(小葉が集まって一枚の葉となる)。互生。
淡紫の頭花は10~15cm、8枚。


季語    -

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


BlogPaint


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


BlogPaint



つわぶきの群生



BlogPaint


菜の花のよう


BlogPaint

東京・新宿御苑




BlogPaint

真横から


BlogPaint


真上から


冬の季語になっています。


石蕗のページへ



季語    冬



□■□■□■□■□□■□■□■□■□



✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


BlogPaint

こんぎく(紺菊)


学名Aster ageratoides subsp.ovatus var.hortensis
キク科 多年草 草丈:約50cm 花期:10~11月

花言葉
  
誕生花  
由来    ノコンギクの園芸品種。




季語    秋:菊、菊人形、菊日和など

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


BlogPaint


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます



クチナシ(梔子)の実


BlogPaint


ふくらんで


BlogPaint


赤くなってきました。

クチナシの実は黄色の染料になります。





BlogPaint


これは

かなり赤くなっていますが

膨らみは・・・

こちらは八重の花の咲く梔子です。

八重のクチナシは実を結ばないのです。


□■□■□■□■□□■□■□■□■□



✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます


BlogPaint



茶の花

緑茶の花です  

♪夏も近づく八十八夜♪の茶の花です。


BlogPaint


ツバキ科

小さい椿の花のようです。



BlogPaint



花よりも 葉が歌になる植物です。



茶の花は葉に隠れてうつむいて  小夜



彼岸の頃から12月ころまでと花期の長い花なのですが

季語は「冬」なんです。

花の少ない季節になって 目立ってくるからでしょか


✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿お願いします✿


 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

紅合歓(べにごうかん)


合歓の木の花より赤くて 小さくて 花期が長くて



PA281627



ウロコのような葉


PA281628



不思議



 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます

BlogPaint


ほととぎす(杜鵑草)
別名 油点草(ゆてんそう)、

学名
ユリ科 ホトトギス属 多年草 高さ30~60cm  花期:9~10月

花言葉
  秘められた恋 永遠にあなたのもの
誕生花  
由来    この模様が鳥のホトトギスの胸毛に似ているから説。
       鳥のホトトギスの鳴き声「トッキョキョカキョク」から名づけた説。
       別名は若い葉に暗い緑色の丸い斑点があるところから。


葉は先のとがった楕円形で茎を抱く。
花は葉のわきから上向きに開く。
花弁は6枚。花弁の内側には小さい紫色斑がある。
低地、山地の半日陰を好む

日本には10種。白、黄、ピンク、紫

季語    
          はなびらに血の斑ちらしてほととぎす  沢木欣一
          掌に乗る 反橋や 油点草        富安風生
          時鳥草 風曲りくる切通し         正木千冬


□■□■□■□■□□■□■□■□■□

posted by (C)花信風

✿おうえん㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿㋧✿

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ありがとうございます



このページのトップヘ